むせるような咳におすすめの漢方薬【麦門冬湯(ばくもんどうとう)】

むせるような咳におすすめの漢方薬【麦門冬湯】 漢方薬

 少しの刺激でも、むせるように咳き込む時に、おすすめの漢方薬が『麦門冬湯(ばくもんどうとう)』です。気道疾患全般に使用され、気道の慢性的な炎症にともなう「気道過敏性亢進」を改善します。

ハルくん
ハルくん

 のどが、敏感になってちょっとしたことでも、咳き込むことがあるんだけど、何かいい漢方薬はないのかな~?

のんびり太郎
のんびり太郎

そんな時は、のどを潤す効果がある【麦門冬湯】がおすすめです!

今回は、【麦門冬湯】について解説してみるね!

スポンサーリンク

気道過敏症とは

 エアコンの冷たい空気にあたったり、蚊取り線香や法事の線香の煙を吸い込んだときなどに咳込む、というご経験があるかたは、気道が「敏感」になっています。これを医学の専門用語では「気道過敏性」といいます。

 気道の粘膜が荒れてしまっている状態なのです。このような状態ですと、わずかな刺激にも、敏感に反応して、気道がぎゅっと縮んでしまいます。

 その結果、空気の通り道が狭くなって、咳込んだり息苦しくなったりするのです。

 気道の粘膜が荒れて敏感になる原因には「炎症」があります。季節の変わり目によって、刺激が加わったときに症状が出るのは、気道に慢性的な炎症が起きていることが原因といわれています。

        (引用:福田 健 先生、獨協医科大学 副学長 呼吸器・アレルギー内科 教授)

【麦門冬湯】の生薬構成

麦門冬(バクモンドウ)、半夏(ハンゲ)、粳米(コウベイ)、大棗(タイソウ)、人参(ニンジン)、甘草(カンゾウ)

【麦門冬湯】の効能効果

 痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支ぜんそく

「乾性咳嗽(空咳)」に使用される漢方薬
「湿性咳嗽(痰が絡む咳)」に使用される漢方薬

【麦門冬湯】の特徴・説明

  • 気道過敏による「咳き込み」を改善する方剤です。咳の特徴として、次のような症状があります。一度咳が出始めると顔面紅潮し吐きそうになる。温度差のある所の出入りで咳がでる。話始めると咳が出る。
  • 咳の有無にかかわらず、「声がかれやすい」ようなひとにもおすすめです。
  • 気道に対する「滋潤剤(うるおいを与える)」として働き、気道の粘液分泌を促進させ、気道の乾燥を防ぎます。
  • 構成生薬である「麦門冬」は、成分に「サポニン」を含み鎮咳作用・抗炎症作用などがあるとされています。
  • 「気管支喘息」・「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」・「嗄声」・「口腔乾燥症」・「シェーグレン症候群」などにも使用されることがあります。
  • 味は表現法が難しいですが、甘いです。

【麦門冬湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【麦門冬湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません。

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

シェーグレン症候群とは

 「シェーグレン症候群」は、涙腺や唾液腺をはじめとする外分泌腺に、自己免疫による慢性炎症が生じる疾患です。

 外分泌腺以外にも、複数の臓器に慢性炎症を合併することがあります。中年発症が多く、50歳代が発症のピークですが、若年者にも発症することがあります。男女比は1:14で女性に多い疾患です。

【シェーグレン症候群の症状】

 中心となる症状は、口や目の乾燥です。外分泌腺の機能低下のために「涙、唾液の分泌量が減少する」ことにより起こります。

 気管分泌液や胃液分泌が減ってしまうこともあります。これらは慢性炎症のために、外分泌腺組織が破壊されてしまうためです。

                    (引用:千葉大学病院 アレルギー・膠原病内科 )

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました