調剤薬局での一言!「このお薬は余っているからいりません」で、手数料が取られているのを知っていますか?

調剤薬局での一言!「このお薬は余っているからいりません」で、手数料が取られているのを知っていますか? 薬局で損をしない方法【薬局節約術】

 調剤薬局でお薬をもらうときに、「このお薬は余っているからいりません」と言われる患者さんは多いですが、お薬が「削除・処方日数の変更」となった場合は、手数料が発生していることをご存じですか?

 この時に、発生する手数料を「重複投薬・相互作用等防止加算」といい、薬学管理料として加算されます。

 「残薬調整に係るものの場合は300円」・「残薬調整に係るもの以外の場合は400円」が加算され、その分の保険負担分(1割~3割)が、処方変更の手数料として上乗せされます。

 つまり、患者さん自身が支払う金額として「30円~120円の手数料が発生する」ことになります。

お薬代のジレンマ!

※減らした分のお薬代(薬価)より、重複投薬・相互作用等防止加算の方が高くなれば、お薬を減らしたはずなのに、逆に支払額が高くなってしまうという、ジレンマが起こることもあります。

スポンサーリンク

※薬剤師としてのアドバイス

薬局での節約術!

 お薬が余っているときは、「病院・クリニック」でその旨を医師に伝えて、その場で処方を調節してもらいましょう!

 そうすると、余計な費用は一切発生しません。※薬局では、手数料が発生します!

 薬局において、「お薬が余っているので減らして欲しい」と要望された場合、薬剤師は、勝手に処方内容は変更できないので、必ず処方した医師に「疑義照会」を行わなければなりません。

 その場合、薬剤師は、処方元の医師に対して電話やFAXにて、変更の是非を確認した後での対応になりますので、薬局でしばらく待ってもらう必要があります。

 患者さんにとっては、何のメリットもありません。待たされたあげく、手数料も取られてしまいます

※患者さんのなかには、医師に残薬があることを話すと「飲んでいないことがバレるから・・」と話されることがありますが、上記のように、薬剤師は勝手にお薬を増やしたり、減らしたりすることはできませんので、結局はバレます。(薬剤師から残薬があることを医師に伝えなければならないため)

薬学管理料(重複投薬・相互作用等防止加算)2020現在

概要(調剤報酬点数表)

 薬剤服用歴に基づき、重複投薬、相互作用の防止の目的で、処方箋を交付した保険医に対して照会を行った場合は、重複投薬・相互作用等防止加算として、次に掲げる点数をそれぞれ所定点数に加算する。

  • イ 残薬調整に係るもの以外の場合・・・40点
  • ロ 残薬調整に係るものの場合・・・30点  ※1点=10円で換算

補足(調剤報酬点数表に関する事項)

(1)重複投薬・相互作用等防止加算は、薬剤服用歴の記録又は患者及びその家族等からの情報等に基づき、次の内容について、処方医に対して連絡・確認を行い、処方の変更が行われた場合に算定する。ただし、複数の項目に該当した場合であっても、重複して算定することはできない。

なお、薬剤服用歴管理指導料を算定していない場合は、当該加算は算定できない。

(2)「イ 残薬調整に係るもの以外の場合」は、次に掲げる内容について、処方医に対して連絡・確認を行い、処方の変更が行われた場合に算定する。

  • ア 併用薬との重複投薬(薬理作用が類似する場合を含む。)
  • イ 併用薬、飲食物等との相互作用
  • ウ そのほか薬学的観点から必要と認める事項

(3) 「ロ 残薬調整に係るものの場合」は、残薬について、処方医に対して連絡・確認を行い、処方の変更が行われた場合に算定する。

(4) 重複投薬・相互作用等防止加算の対象となる事項について、処方医に連絡・確認を行った内容の要点、変更内容を薬剤服用歴の記録に記載する。

(5) 同時に複数の処方箋を受け付け、複数の処方箋について薬剤を変更した場合であっても、1回に限り算定する。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました