読書をしようと思ったけど、何を読もうか迷ったときに!読みたい本が見つかる!おすすめの読書系YouTuber【サラタメさん】

読みたい本が見つかる!おすすめ読書系YouTuberサラタメさん ユーチューブ
ハルくん
ハルくん

『読書』というと、なんとなくいいイメージがあるけど、実際どんな効果があるの?

のんびり太郎
のんびり太郎

意外と知られていませんが、読書にはたくさんの効果が認められています。

ハルくん
ハルくん

読書は知識が、増えて賢くなるだけではないんだね!

のんびり太郎
のんびり太郎

それでは、今回は『読書』の効果について説明してみるね!

スポンサーリンク

読書のきっかけ作り・書籍選びに!おすすめのYouTubeチャンネル【サラタメさん】

自分は、40歳くらいまで読書にはほとんど縁がない人生でしたが、体調を壊したことがきっかけで読書をするようになりました。

ただ最初のころは、空いた時間に暇つぶし程度で少しずつ本を読むくらいで、読み漁るほどではありませんでしたが、何となく『読書は人生を豊かにするツール』かもと思いました。

のんびり太郎
のんびり太郎

そんなとき、偶然『サラタメさんのYouTubeチャンネル』と出会いました。

多岐に渡るジャンルの本をわかりやすく紹介してくれるので、月に数冊くらいの読書ペースの自分には、読みたい本を厳選するのにすごく参考になりました。

のんびり太郎
のんびり太郎

サラタメさん【サラリーマンYouTuber】では、オススメ書籍やニュースの解説など、ビジネスマンの方に役立つ知識を、聞くだけで理解できる音声コンテンツにして投稿されています。 (アニメーションも付いていますが、音声だけでも理解できるようになっています!)

サラタメさん【サラリーマンYouTuber】
サラリーマンYouTuberのサラタメです🙋‍♂️ サラリーマンのあなたの、 タメになりそうなことをしゃべくり続けていきます。 ▼サラタメさんチャンネルって、どんなチャンネル? こちらのチャンネルは、オススメ書籍やニュースの解説など、ビジネスマンの方に役立つ知識を、聞くだけで理解できる音声コンテンツにして投稿してい...
のんびり太郎
のんびり太郎

個人的主観と趣向による、おすすめの個人図書館「わたしのROOM」を作ってみました!

自分の個人的主観と趣向で、「人生を変えるかもしれない書籍」というテーマで、おすすめの書籍をコレクションしてみました!良かったら覗いてみてくださいね!

【サラタメさん】ってどんなひと?

1990年生まれで、サラリーマンとしてマーケティング関連の仕事をされているようです。 

元々ブラック企業でサラリーマンをされていて、現在は、今いるホワイト企業に転職したのをきっかけに、基本的にすべて「サラリーマンのタメになるメディア」になればとのおもいでYouTubeで発信したり、ブログを書かれているようです。

サラタメさん
サラタメさん

『細く長く楽しく働く』って実は良さげじゃない…?と伝えていきたいと思っています。

【サラタメのホワイト転職】という転職指南ブログも必見!

ブログ【サラタメのホワイト転職】では、ホワイト企業転職のノウハウなどを詳しく解説した内容が、メインとなっています。

サラタメさん
サラタメさん

ワークライフバランスが整ったホワイト企業に転職すると、人生変わります。
ガチです。

サラタメさん
サラタメさん

ブラック企業を経験をした私なので、「ワークライフバランス」を最優先にした『ホワイト転職』をゴリ押ししています。

サラタメのホワイト転職
サラタメさんのプロフィール ホワイト企業転職ノウハウ おすすめ転職サイト&エージェント “ホワイト転職”を果たし、YouTuberになった男の話 ブラック企業から倍率100倍のホワイト企業に転職を成功させて、ぬくぬくサラ ...

 

読書には知識の習得だけではなく、健康増進にも効果があった!

ハルくん
ハルくん

読書は、健康増進に4つの効果が科学的に認められたんだって!

①読書によるストレス軽減効果

読書の効果には、『ストレス解消』が認められています。

好きな本を読んでいると、なんとなくリラックスできていることを感じたことはありませんか?

2009年、英サセックス大学での研究結果によれば、心拍数や筋肉の緊張状態からストレスの状態を測定すると、読書をすることで「ストレスが68%も減少する」ことが明らかになりました。

また、読書のストレス軽減効果は、「ビブリオセラピー(読書療法)」として利用されています。

これは、牧師であるミュエル・マッコード・クローザーズ氏が提唱した概念です。

自分の好きな本を読むことで、よい方向に行動を変えたり、苦痛を軽減するなどの効果が期待できる心理療法になります。

②読書による脳の活性化

読書することで、言語能力に関わる「ブローカ野」や「ウェルニッケ野」、記憶に関わる「前頭前野」といった、脳の広い範囲の領域が活発に働くことがわかっています。

本の内容などを記憶し、想像しながら文章を読むという作業を繰り返すことによって、脳の神経回路が成長していくようです。

また、オックスフォード大学の神経学の名誉教授であるJohn Stein氏は「読書は大脳のトレーニング」と提唱しています。

③読書は加齢による認知力の低下を予防する

認知機能とは、ものごとを正しく理解して適切に実行するための機能のことです。

学習・記憶・判断力・集中力も含まれます。

これらの能力は、加齢による影響を受けやすいと言われています。

読書をすることで、認知機能を鍛えることができるため、認知機能低下の防止となり、認知症の予防につながると考えられています。

実際に、読書を習慣にしている高齢者は、認知症の発症率が低いというデータも示されています。

ハルくん
ハルくん

読書は、優れた脳のトレーニング法なんだね!

④読書にはメタ認知能力を高める効果がある

「メタ認知能力」とは、自身の状態を客観的に把握する能力のことを指しています。

この「メタ認知能力」が高いと、例えばネガティブな感情が沸いてきたとしても、冷静に自分を分析することができるので上手に対処することができるのです。

小説などの読書には、登場人物の心理や出来事・背景などを第三者的な視点から読み解く必要があるため、客観的に物事を把握する能力を鍛えることができるのです。

また、小説を読む際は、他人の視点に立って物事を眺める必要があるために、共感力を育むのにも役立ちます。

ハルくん
ハルくん

嫌なこと・避けたいことが降りかかったとしても、読書で鍛えた「メタ認知能力」を生かして生活することで、メンタル疾患の予防にもなりそうだよね!

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました