動悸・息切れにおすすめの漢方薬【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)】

炙甘草湯 漢方薬

慢性疲労状態で、動悸・息切れがある人におすすめの漢方薬が『炙甘草湯(しゃかんぞうとう)』です。

循環器科で検査しても心臓には異常は認められないのに、突然、心臓がドキドキしたり、息切れするような症状が強い人に適している漢方薬です。

『炙甘草湯(しゃかんぞうとう)』には、血液の流れを整えたり、不整脈を改善したり、精神の安定にも関わる生薬が配合されています。

ハルくん
ハルくん

動悸や息切れなどの症状は何が原因となっているのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

動悸や息切れの原因は様々で、貧血の場合や、甲状腺機能亢進症、心臓が原因の不整脈など治療が必要な場合があります。

まずは早めに病院を受診して原因をみつけてくださいね!

ハルくん
ハルくん

年齢のせいだと放置していたらいけないんだね。

のんびり太郎
のんびり太郎

まずは西洋医学的に動悸や息切れの原因を診断・治療してもらって、それでも症状がつらい時には漢方薬を併用すると症状が和らぐこともあります。
今回は、動悸などの症状を和らげてくれる『炙甘草湯(しゃかんぞうとう)』について解説してみますね!

めぐルナ

甲状腺の病気である「バセドウ病」とはどのような病気なの?

「バセドウ病」とは、びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。

甲状腺機能亢進症は、血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。バセドウ病は、英語圏では「グレーブス病」とも呼ばれます。

ハルくん
ハルくん

甲状腺機能亢進症について分かりやすく解説してくれている動画があったよ!

出典:YouTube【2分で分かる医療動画辞典 ミルメディカル】

バセドウ病の症状とはどのようなものなの?

主なバセドウ病の症状は、頻脈、体重減少、手指のふるえ(振戦)、発汗増加などの甲状腺ホルモン過剰に伴う症状が現れ、びまん性甲状腺腫、眼球突出など特有の症状があげられます。

(引用:日本小児内分泌学会

のんびり太郎
のんびり太郎

甲状腺機能亢進症である「バセドウ病」に罹患すると、甲状腺ホルモンの影響で1日中運動を続けているような状態になってしまいます。

ハルくん
ハルくん

それで甲状腺機能亢進症になると痩せてくるんだね。

のんびり太郎
のんびり太郎

甲状腺腫瘍について分かりやすく解説してくれている動画がありましたので紹介しますね!

出典:2分で分かる医療動画辞典 ミルメディカル

「バセドウ病」を患っている人は意外と多い⁉多くの有名人も…

シンガーソングライターの「絢香」さん、元ピンクレディーの「増田恵子」さん、落語家の「立川志らく」さん、非公表ながらサッカー選手の「本田圭佑」さんなど甲状腺の病気は特別な病気ではないのです。

のんびり太郎
のんびり太郎

バセドウ病の特徴である「眼球突出」ですが、サッカー選手の「本田圭佑」さんもその症状がうかがえますね。

出典:NAGOYA GRAMPUS 
出典:ウキペディア

【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)】の生薬構成(ツムラ)

地黄(ジオウ)、 麦門冬(バクモンドウ)、 桂皮(ケイヒ)、 大棗(タイソウ)、 人参(ニンジン)、 麻子仁(マシニン)、 生姜(ショウキョウ)、 炙甘草(シャカンゾウ)、 阿膠(アキョウ)

【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)】の効能効果(ツムラ)

体力がおとろえて、疲れやすいものの動悸、息切れ

【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)】の特徴・説明

  • 体力が低下しているひとが、疲労倦怠感・動悸を訴える場合に使用される漢方薬です。メンタル症状に関係なく使用できます。

  • 更年期障害やバセドウ病などで抗甲状腺剤などの補助療法として使用されることもあります。

  • 構成生薬の「炙甘草」は、マメ科のウラルカンゾウやスペインカンゾウの根などを乾燥し炒めたものです。
    漢方的には、健胃、鎮痛、鎮痙、去痰などの効能があります。
    また、炒めることで補気作用が強くなるといわれています。
のんびり太郎
のんびり太郎

「炙甘草」は「甘草」を蜂蜜であぶったものです。

  • 味は表現法が難しいですが、えぐいです。

【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

【リッチマン介護】
ドクターポジティブイ
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました