漢方薬

漢方薬

鼻づまり・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの漢方薬【辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)】

鼻づまり・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの漢方薬が『辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)』です。副鼻腔炎は、なかなかスッキリ治らないことも多い病気ですね!慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの薬膳・飲み物を合わせて紹介!
漢方薬

気管支炎などの痰がからむつらい咳におすすめの漢方薬【五虎湯(ごことう)】

気管支炎・気管支喘息などの痰が絡むような咳が出る時におすすめの漢方薬が『五虎湯(ごことう)』です。粘稠痰によりこれを排出するために咳き込むような時が目安となります。麻杏甘石湯に鎮咳作用のある「桑白皮」を追加した処方です。
漢方薬

漢方薬治療が得意な名医はどうやって探せばいいの?【漢方治療も行ってくれるおすすめの名医を紹介!】

漢方薬に興味があって、漢方薬も使って治療してもらいたいんだけど、どうやって漢方薬治療が得意な医師をみつけたらいいんだろうと悩んだことはありませんか?現在、漢方薬の名医ってどこにいるのだろうと探してるんだけど・・ってあなたに個人的な判断になりますが、おすすめの医師を紹介したいと思います。
漢方薬

打撲・捻挫による腫れ・痛み・内出血などにおすすめの漢方薬【治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)】

打撲・捻挫の際の腫れや痛み、内出血におすすめの漢方薬が『治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)』です。受傷してから数日経過して落ち着いてきたくらいから服用することが多いのが特徴です。ただ、受傷してからすぐに使用しても十分効果は期待できます。
漢方薬

風邪をこじらせた時やストレスを感じている様な時におすすめの漢方薬【柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)】

風邪がなかなか良くならなくて、お腹の調子も悪い時(痛みがつらいとき)などにおすすめの漢方薬が『柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)』です。膵炎などの心下部緊張疼痛などにも使用されてきた経緯もあり守備範囲が広い漢方薬です。
漢方薬

咳が止まらない・息苦しい/気管支炎・気管支喘息におすすめの漢方薬【神秘湯(しんぴとう)】

気道が狭まって、呼吸が苦しいようなときの気管支炎・気管支喘息におすすめの漢方薬が『神秘湯(しんぴとう)』です。子どもにも使用されることが多い漢方薬のひとつです。
漢方薬

タイプ別⁉つらい便秘に使用されるおすすめの漢方薬特集!【便秘には漢方薬が相思相愛!】

便秘に応用できる漢方薬は数多くあり、漢方医学的な視点をもとに繊細な対応が可能になります。弛緩性の便秘であれば「熱証」として清熱作用のある漢方薬、痙攣性の便秘であれば「寒証」として温補作用のある漢方薬が選択されます。
漢方薬

カサカサと乾燥したかゆい慢性湿疹におすすめの漢方薬【当帰飲子(とうきいんし)】

分泌物が少なく乾燥傾向の慢性湿疹におすすめの漢方薬が『当帰飲子(とうきいんし)』です。虚弱体質で冷え性傾向の高齢者に使用することが多い漢方薬です。「老人性乾皮症」に効果があります。
漢方薬

高齢者の風邪のひきはじめにおすすめの漢方薬【麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)】

高齢者や体力のないひとの風邪におすすめの漢方薬が『麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)』です。手足が冷え、頭痛や寒気があり、顔色が悪く、背中全体が寒い、声に力がないといった症状が処方の目安とされています。
漢方薬

神経痛などあらゆる辛い痛みにおすすめの漢方薬【疎経活血湯(そけいかっけつとう)】

特に下半身の痛み(腰痛・坐骨神経痛など)におすすめの漢方薬が『疎経活血湯(そけいかっけつとう)』です。ただし、筋肉痛・関節痛・神経痛など全身の痛みやしびれなどにも使用されます。痛みの特徴として夜間に痛みが悪化したり、飲酒によって痛みが悪化したり、疲れが溜まってくると痛みが悪化したりすることがあげられます。
タイトルとURLをコピーしました