漢方薬

漢方薬

咳が出てメンタル的にもつらい時の気管支喘息・気管支炎におすすめの漢方薬【柴朴湯(さいぼくとう)】

気管支喘息・気管支炎に使用され、メンタル症状も出ているときにおすすめの漢方薬が『柴朴湯(さいぼくとう)』です。服用していると風邪をひきにくくなったり、食欲が出てきたりすることもあります。
漢方薬

体力があって、便秘がちの人でお腹を押さえると痛みが出る時におすすめの漢方薬【通導散(つうどうさん)】

体力があって、下腹部を押さえると痛みが出る便秘がちの人におすすめの漢方薬が『通導散(つうどうさん)』です。「瘀血」を改善する「駆瘀血剤(くおけつざい)」の代表的な漢方薬です。
漢方薬

つらい肩の痛み・腕が上がらない/なかなか治らない四十肩・五十肩におすすめの漢方薬【二朮湯(にじゅつとう)】

四十肩・五十肩におすすめの漢方薬『二朮湯(にじゅつとう)』です。頚肩腕症候群や上腕神経痛にも使用されることが多いです。『二朮湯』の名前は「白朮」「蒼朮」の2種類が含まれていることに由来しています。
漢方薬

月経障害・更年期障害・冷え性に悩んでいる女性におすすめの漢方薬【四物湯(しもつとう)】

婦人科系疾患(月経障害など)・末梢神経障害(冷え性・しびれ・乾燥肌)などにおすすめの漢方薬が『四物湯(しもつとう)』です。「血虚」に使用される基本方剤で、カサカサ乾燥した肌に潤いをあたえる効果も期待できます。また、女性ホルモンの変動に伴って現れる体と心の症状である「血の道症」などにも使用頻度が高い漢方薬です。
漢方薬

突然グルグル回るようなめまい・吐き気におすすめの漢方薬【苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)】

ぐるぐる回るような回転性のめまいにおすすめの漢方薬が『苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)』です。回転性(メニエール病など)・発作性・頭位性のめまいに効果があります。構成生薬数は少なめの4種類で、即効性が期待できます。
漢方薬

メンタル疾患・自律神経失調症におすすめの漢方薬【桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)】

メンタル疾患など神経症や自律神経失調症など体質的に虚弱なひとにおすすめの漢方薬が『桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)』です。男性であれば、心因性性機能障害(陰萎、ED)にも使用されます
漢方薬

コロコロとした硬い便で困っている便秘症におすすめの漢方薬【潤腸湯(じゅんちょうとう)】

コロコロとした硬い便で困っている便秘症の方におすすめの漢方薬が『潤腸湯(じゅんちょうとう)』です。刺激性が少なく、高齢者の習慣性便秘に効果的です。構成生薬である「杏仁」、「桃仁」「麻子仁」は潤滑油のような緩下作用を示し、「厚朴」「枳実」は腸管内のガスを除く作用があります。
漢方薬

高齢者の体力低下(フレイル)の時に元気が出るおすすめの漢方薬【人参養栄湯(にんじんようえいとう)】

体力が低下しているひとの、様々な症状を改善するおすすめの漢方薬が『人参養栄湯(にんじんようえいとう)』です。 ハルくん 最近、「フレイル」って言葉を耳にするようになったけどどんな意味なの? のんびり太郎 「フレイル」とは、加...
漢方薬

女性に多いつらい便秘症におすすめの漢方薬【大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)】

大腸を刺激して、便秘を改善するおすすめの漢方薬が『大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)』です。女性に多いつらい便秘症には漢方薬がおすすめです。便秘だけではなく色々な体調不良も一緒に改善することも多いです。
漢方薬

水様性の下痢・急性胃腸炎におすすめの漢方薬【柴苓湯(さいれいとう)】

水様性の下痢、急性胃腸炎などに使用されることが多い漢方薬の『柴苓湯(さいれいとう)』ですが、最近は、腎炎・ネフローゼ症候群などに使用されることも多くなってきています。また、「へバーデン結節」の腫れにも効果がある場合があると報告があります。
タイトルとURLをコピーしました