関節痛・筋肉痛など痛みがつらい時におすすめの漢方薬【麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)】

麻杏薏甘湯 漢方薬

関節痛・筋肉痛・神経痛など、つらい痛みで悩んでいる場合におすすめの漢方薬が『麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)』です。

その他、いぼ(尋常性疣贅)や手湿疹(進行性指掌角皮症)などにも有効であると言われています。

進行性指掌角皮症とは、水仕事の多い主婦などの手にみられる慢性の湿疹のことです。

スポンサーリンク

【麻杏薏甘湯】の生薬構成(ツムラ)

麻黄(マオウ)、杏仁(キョウニン)、薏苡仁(ヨクイニン)、甘草(カンゾウ)

【麻杏薏甘湯】の効能効果(ツムラ)

関節痛、神経痛、筋肉痛

【麻杏薏甘湯】の特徴・説明

のんびり太郎
のんびり太郎

生薬が一つだけ違うだけでこのように使用される目的が変わるのも漢方薬の面白い所ですね!

  • 「薏苡仁」はハトムギの種皮を除いた種子であり、風湿痺を治すとされています。”風湿” とは漢方でいう、風・水によって筋肉・関節などに起こる病気です。リウマチの類を指しています。

  • 味は表現法が難しいですが、甘くてえぐいです。

【麻杏薏甘湯】のクリニカルパール

クリニカルパール( Clinical pearl )とは、経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

大塚敬節Dr
大塚敬節Dr

”水虫” に著効した症例を経験しています。
”頭にフケの多いような場合” が『麻杏薏甘湯』を使用する目安になります。

(引用:漢方と漢薬)

冨澤英明Dr<br>(整形外科)
冨澤英明Dr
(整形外科)

激しい運動をしたり、筋トレなどの後に起きる筋肉痛には、NSAIDsは全く効果がないと考えています。逆に痛みを遅延するという論文もあるくらいです。

そのような時には、『麻杏薏甘湯』+『桂枝茯苓丸』の合法がおすすめです!

筋肉には血管が豊富ですので『桂枝茯苓丸』が静脈還流を改善してくれ効果がアップすると考えています。

”動かすと痛い・夕方に痛みがピーク” という筋肉痛・筋浮腫の症状に『麻杏薏甘湯』が効果を示します。

”朝が痛い・夜間に痛い・動き始めに痛い(starting pain)” は四肢の静脈還流障害を疑い、『桂枝茯苓丸』が効果を発揮します。

(引用:漢方.jp)

【麻杏薏甘湯】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【麻杏薏甘湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。 そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました