つわり(妊娠悪阻)におすすめの漢方薬【小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)】

つわり(妊娠悪阻)におすすめの漢方薬【小半夏加茯苓湯】 漢方薬

悪心・嘔吐など「つわり(妊娠悪阻)」におすすめの漢方薬が『小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)』です。

ハルくん
ハルくん

妊娠すると約8割の人が経験するといわれてる「つわり」だけど、我慢するしかないの?

のんびり太郎
のんびり太郎

「つわり」におすすめの漢方薬があるので、今回は【小半夏加茯苓湯】について解説してみるね!

つわり(妊娠悪阻)とは

つわり(妊娠悪阻)ちは、妊娠5週目頃から起こる食欲不振、吐き気、嘔吐などの消化器系の異常のことです。

妊娠したことで伴う生理的変化であり、全妊婦の50~80%にみられる。早朝や空腹時に強い症状が出ることが多いといわれています。

通常は妊娠12~16週目頃までに自然に消えますが、個人差が大きく、一度消失しても後期に再発することもあります(後期悪阻)。

つわりが重症化し、水分が摂れない時や、栄養代謝障害などを引き起こしたものを「妊娠悪阻」と呼び区別しています。

すべての妊婦がつわりを発症するわけではなく、つわりの症状が全く現れない妊婦もいます。また、つわりの有無と胎児の状態は無関係です。比較的夜より朝に症状が重くなることが多い傾向があります。

つわり(妊娠悪阻)の【予防/治療後の注意】

つわりは妊娠が成立したことにより発生するものであり、症状が多岐にわたるため予防は難しい、しかしそのつらさを少しでも和らげるための方法はいくつかあります。

休める時は安静にする、無理せず食べられるものだけ食べる、一度にたくさん食べず、少しずつ食べる、適度に運動する、漢方薬を服用することがポイントです。

             (参考資料:田中京子 先生 東邦大学医療センター 大橋病院)

食事をなかなか受け付けないときにはプロテインを利用してみましょう!

※プロテインは、タンパク質とビタミン・ミネラルが簡単に同時に摂取可能です。

タンパク質とは

筋肉・臓器・皮膚・毛髪などの体構成成分、ホルモン・酵素・抗体などの体調節機能成分、豆・卵・肉・魚などの食品成分として存在する重要な栄養素。

たんぱく質欠乏症では、成長障害・体力や免疫力の低下などが起こり、貧しい社会においては主要な健康問題です。先進国でも、食事摂取量が低下した高齢者では同様の問題が見られます。

     (引用:由田克士 大阪市立大学大学院 生活科学研究科 食・健康科学講座 教授)

おすすめのプロテイン【タンパクオトメ】・タマチャンショップ

出典:タマチャンショップ

「タンパクオトメ」は、“美容専門プロテイン” として、たんぱく質を中心に、各種ビタミン・ミネラル・コラーゲン・ヒアルロン酸など、美容成分を豊富に配合されています。

小麦(グルテン)は一切配合してないため、小麦アレルギーの方にも安心してお召し上がりいただけます。

持ち運びが便利な1回分の分包品もラインナップ!お出かけ先でも簡単にタンパク質が接種できます!

おすすめのプロテイン【ブラウンライス プロテイン (玄米プロテイン)】・MYPROTEIN(マイプロテイン)

【Myprotein】 とは、イギリス発の世界で大流行スポーツ栄養ブランドです!

ブラウンライス プロテインとは、玄米を原料とした高品質なタンパク質です。

植物由来の栄養素を摂取したい方におすすめです。

タンパク質含有割合が80%です。玄米は『完全栄養食』ともいわれているスーパーフードです。


【小半夏加茯苓湯】の生薬構成

半夏(ハンゲ)、 茯苓(ブクリョウ)、 生姜(ショウキョウ)

【小半夏加茯苓湯】の効能効果

妊娠嘔吐(つわり)、そのほかの諸病の嘔吐(急性胃腸炎、湿性胸膜炎、水腫性脚気、蓄膿症)

【小半夏加茯苓湯】の特徴・説明

  • 悪心・嘔吐などの第一選択薬です。頓服的に使用することが多いですが、常用しても問題はありません。
  • 薬剤師からの服用アドバイスとして、吐き気が強い時は、医療用エキス剤はお湯に溶かした後に氷などで冷やしてから少量ずつ服用すると飲めることが多くなります。
  • 医療用エキス剤をお湯に溶かして、「ヒネショウガ」の搾り汁を加えることで薬効が高まります。
  • 味は表現法が難しいですが、辛いです。

【小半夏加茯苓湯】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【小半夏加茯苓湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました