蕁麻疹・二日酔いにおすすめの漢方薬【茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)】

茵蔯五苓散 漢方薬

蕁麻疹・二日酔い・肝機能障害におすすめの漢方薬が『茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)』です。

下痢や浮腫みの傾向がある場合が使用の目安になります。

ハルくん
ハルくん

飲みすぎ注意!!!

スポンサーリンク

【茵蔯五苓散】の生薬構成(ツムラ)

沢瀉(タクシャ)、 蒼朮(ソウジュツ)、 猪苓(チョレイ)、 茯苓(ブクリョウ)、 茵蔯蒿(インチンコウ)、 桂皮(ケイヒ)

【茵蔯五苓散】の効能効果(ツムラ)

のどが渇いて、尿が少ないものの次の諸症:嘔吐、じんましん、二日酔のむかつき、むくみ

【茵蔯五苓散】の特徴・説明

  • 『茵蔯五苓散』の処方構成は『五苓散』「茵陳蒿」を加えたものになります。
    「茵陳蒿」には胆汁分泌促進作用があるとされています。

  • 肝機能障害に使用される『茵陳蒿湯』と『茵蔯五苓散』の使い分けは、「大黄」を含む『茵陳蒿湯』が便秘傾向がある人に使用するのに対して、『茵蔯五苓散』は『五苓散』の使用目安となる下痢・浮腫み傾向がある人に使用する点が異なります。

  • 『茵蔯五苓散』は体質的には虚弱な人にも使用でき、幅広く応用できます。

  • 『茵蔯五苓散』の味は表現法が難しいですが、わずかに渋いです。

【茵蔯五苓散】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。
のんびり太郎
のんびり太郎

『茵蔯五苓散』は小林製薬から「アルピタンγ®」という商品名でも販売されています!

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません。

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました