様々な胃腸の不調におすすめの漢方薬【半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)】

様々な胃腸の不調におすすめの漢方薬【半夏瀉心湯】 漢方薬

 消化不良、胃下垂、下痢、軟便、二日酔い、胸やけ、口内炎などにおすすめの漢方薬が『半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)』です。

ハルくん
ハルくん

みぞおち付近が使えているような感じが続いていて、お腹の調子が良くないときに何か良い漢方薬はあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

ストレスも重なっていて、そんな感じのお腹の症状があるときには、【半夏瀉心湯】という漢方薬がおすすめです。

のんびり太郎
のんびり太郎

二日酔い、胸やけ、口内炎などにも効果があるので試してみるといいよ!

【半夏瀉心湯】の生薬構成

半夏(ハンゲ)、黄芩(オウゴン)、乾姜(カンキョウ)、人参(ニンジン)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)、黄連(オウレン)

【半夏瀉心湯】の効能効果

 みぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便または下痢の傾向のあるものの次の諸症

 ※胃腸カタル、醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症

【半夏瀉心湯】の特徴・説明

  • 生薬構成においては、「黄芩」「黄連」の組み合わせにより「瀉心湯類」と呼ばれます。古典的には、「心下痞硬(しんかひこう)」と呼ばれ、胸やみぞおちにつかえ感がある人に用いられる方剤です。
  • 口内炎に使用する際は、白湯に溶かした後、冷えてから口腔にしばらく含んでから飲み込むと効果がよいとされています。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘くて辛いです。
「口内炎」に使用される漢方薬

※漢方エキス剤の場合ならば、白湯に溶かしてから冷やして口内に含むようにして飲んだり、溶かした漢方薬を氷らせて口に含んだりすると効果的です!

※「黄連解毒湯」、「半夏瀉心湯」は、口内炎にしみて痛みが出る場合があります。痛みがつらい時は「桔梗湯」の方がしみません。

東洋医学的な「腹診」とは

 腹診とは、「四診」の中では「切診」に含まれる診察方法です。漢方の古典『傷寒論』にも一部その記載があるようですが、日本では、江戸時代の漢方医によって診断方法が構築されました。

 西洋医学的な腹部の診察では膝を曲げて横になるのですが、これは腹部の筋肉の緊張を少なくして、腹部の内臓を触知しやすくするためです。

 一方、漢方では腹部の筋肉の緊張状態も大事な所見となりますので、膝は伸ばしたまま診察します。

         引用:日本東洋医学会

【半夏瀉心湯】のエビデンス

 エビデンスとは、科学的根拠、つまり実験や調査などの研究結果から導かれた「裏付け」があることを指します。

  • 抗がん剤のひとつである「イリノテカン」における副作用の酷い下痢などに効果が認められています。

 ※『半夏瀉心湯』は「イリノテカン」を投与する数日前から服用することが推奨されています。ただ、下痢が起こってからの服用でも有効との報告もあります。

(引用文献:坂田優・塩酸イリノテカンの下痢に対する半夏瀉心湯の臨床効果)

【半夏瀉心湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【半夏瀉心湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました