新型コロナワクチン接種後の副反応に効果が期待できる漢方薬とは⁉

新型コロナワクチン接種後の副反応に効果が期待できる漢方薬とは⁉ コロナ関連

現在、日本で接種が行われている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。

ファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社のワクチンの3種類が使用されていますが、基本的な副反応は同じような症状のようです。

出典:厚生労働省
のんびり太郎
のんびり太郎

今回紹介する漢方薬は、一般的に病院で処方されている方剤の一部です。ドラッグストアで購入することも可能です。

今回紹介する内容は、新型コロナワクチンでの副反応に対して確かなエビデンスやデーターのもとに紹介しているわけではありません。

のんびり太郎
のんびり太郎

ただ漢方薬は元来、原因ではなく症状・体質からアプローチしていく療法なので、症状がつらい場合は試す価値は十分あると思います。

この情報がお役に立てると嬉しいです!

注射した部分の痛みに対して効果が期待できる漢方薬

のんびり太郎
のんびり太郎

新型コロナワクチンの副反応に関する記事ではないですが、「平田ペインクリニック(福岡県)院長の平田道彦氏」による「神経ブロック+漢方で理想的な疼痛治療を」という記事にも上記の漢方薬の使用実績が発表されていました。

発熱・悪寒に対して効果が期待できる漢方薬

のんびり太郎
のんびり太郎

発熱に対しては、西洋薬である「アセトアミノフェン(カロナール🄬)」が推奨されています。

もちろん、上記の漢方薬と併用しても問題はありません。

医療関係者が自らの体験談を発表しているなかでも上記の漢方薬で効果が実感できたという内容が多く見受けられていました。

倦怠感に対して効果が期待できる漢方薬

のんびり太郎
のんびり太郎

『補中益気湯』に関しては、新型コロナが発見されてからは自分は感染予防効果も期待して毎日常用しています。

新型コロナに関係なく、以前から体調管理のアイテムとして利用していました。

のんびり太郎
のんびり太郎

補中益気湯インフルエンザワクチン接種による抗体産生に対する有効性と安全性」について日本東洋医学会において次のような研究発表が出ていました。

新型コロナワクチン接種でのデーターではないですが参考になるかもしれません。

出典: 日本東洋医学会

頭痛に対して効果が期待できる漢方薬

のんびり太郎
のんびり太郎

上記の漢方薬も一般的な頭痛や片頭痛に効果が期待できる方剤です。

『葛根湯』は、構成生薬として「麻黄」が含まれているので、狭心症や心筋梗塞などの循環器系疾患、高度腎障害、排尿障害、甲状腺機能亢進症の方は注意が必要です。

まとめ

軽度な症状であれば、なにもせず経過観察していれば通常は数日で症状は改善することがほとんどなようですので、新型コロナワクチン接種の翌日は休暇をとって休むのが良さそうです。

少しでも早く良くなりたい場合は、漢方薬もひとつの選択肢ではないかと思います。

基本的に、漢方薬は副作用は少ない薬剤ですが、副作用がゼロではありません。そのことは理解したうえで使用してください。

コメント

スポンサードリンク

さくらの恋猫
タイトルとURLをコピーしました