医療現場・介護施設でも採用されている『音楽療法』とは!【認知症にも効果が⁉】

医療現場・介護施設でも採用されている『音楽療法』とは!【認知症にも効果が⁉】 介護・認知症関連
医療現場・介護施設でも採用されている『音楽療法』とは!【認知症にも効果が⁉】

『音楽療法』とは、音楽を聴いたり歌ったりすることで、脳の活性化や心身に安定をもたらすリハビリテーションの一種です。

音楽療法とは「音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の軽減回復、機能の維持改善、生活の質の向上、問題となる行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」(日本音楽療法学会)と定義されています。

認知症の高齢者にもその効果が期待され、近年は介護施設や医療現場などで用いられています。

国立病院機構京都医療センター(京都市伏見区)の認知症外来では『音楽療法』を取り入れて効果が確認されています。

音楽療法の効果とは

  • 睡眠がとれるようになった
  • 妄想が減った
  • 穏やかになった
  • 自信ある態度や発言が見られるようになった
  • 不安そうなそぶりが減った
  • よく笑うようになった
  • 表情が明るくなった

(※京都医療センター研究 引用)

ハルくん
ハルくん

映画『パーソナル・ソング』とは、医学的にも注目されるようになった認知症やアルツハイマー患者への「音楽療法」を題材に描き、2014年サンダンス国際映画祭ドキュメンタリー部門で観客賞を受賞したドキュメンタリー作品なんだよ!

出典:YouTubeチャンネル【moviecollectionjp】

音楽療法のポイント

前提として、認知症発症以前に、脳の中に音楽が詰まっていることが重要なようです。

個人の人生にリンクした楽曲をカードをめくるようにメドレー式に歌う『フラッシュソングセラピー』が考案され京都医療センター神経内科では自由診療として提供されています。

音楽は、記憶や感情と直結しており、歌うことで自分の人生の歩みを思い出し、脳の奥底にある懐かしい感情に働きかけて身体反応を引き出すことが出来ます。

介護施設で行われる音楽療法とは

音楽療法には、音楽を聴く「受動的音楽療法」と、歌を歌ったり楽器を奏でる「能動的音楽療法」があります。

介護施設では多くの場合、集団に対して実施され、音楽療法士が演奏をして受動的音楽療法として音楽を聴いてもらったり、伴奏をして合唱や合奏してもらう能動的音楽療法を行っています。

いずれの場合も、音楽療法士はその集団全体だけではなく、一人ひとりの様子を注意深く観察しながら、その場に適した演目やプログラムを導入していきます。

(引用:志寒浩二(認知症対応型共同生活介護ミニケアホームきみさんち 管理者/介護福祉士・介護支援専門員))

おすすめの介護施設紹介サイトを紹介!

のんびり太郎
のんびり太郎

おすすめの介護施設紹介サイトはこちらです!

全国32,000件以上の老人ホームや有料老人ホーム、 高齢者向け賃貸住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの情報を紹介!【LIFULL 介護】

【LIFULL介護】 (旧HOME’S介護)』は全国32,000件以上の老人ホーム有料老人ホーム高齢者向け賃貸住宅特別養護老人ホーム(特養)などの情報を紹介している 業界最大級の介護施設検索ポータルサイト です。

月間サイト利用者数は120万人以上と、業界最大級です。老人ホームや高齢者向けの住宅を探す手段として安心・信頼のおけるサイトとしておすすめです!

「これから介護施設を探そうとする人に薦めたいかどうか」「検索のしやすさ」などユーザー意識調査でNo.1を獲得しています!

インターネットなどで気になる老人ホームを見つけたら、まずは電話やメールで問い合わせ詳しいパンフレットを取り寄せます。

入居される方の状況や老人ホーム側の受け入れ体制にもよりますが、入居に至るまでには施設見学や体験入居、必要書類の準備などが必要です。

そのため、一般的には見学から入居までに1ヶ月~2ヶ月程度かかります。気になる施設に空室があったとしても、すぐに入居できないので、資料請求は無料ですので気になる物件があればすぐにでも行動することをお勧めします!

のんびり太郎
のんびり太郎

人気の施設は、空きが出てもすぐに埋まってしまいます!

首都圏特化型の老人ホーム紹介サービス【きらケア老人ホーム】

【きらケア老人ホーム】は介護士の紹介、派遣も手がけるきらケアが運営する首都圏特化型の老人ホーム紹介サービスです。

首都圏の全6000件以上の有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅へのご入居をサポートしています。

認知症に関するおすすめの資格とは?

ハルくん
ハルくん

これから超高齢化社会に向かう日本において「認知症ケア専門士」は、有望なの資格になりそうだね!

認知症ケア専門士とは

認知症ケア専門士とは、すでに国家資格を有する人や、 病院や施設などで勤務経験がある人などが挑戦する資格試験です。

認知症ケア専門士の資格は民間資格のため、資格手当として給与に直接影響しない可能性もありますが、近年では資格手当として給与アップにつながる職場も増えています。

また、有資格者として、就職・転職の際にも有利に働く可能性があります。

ハルくん
ハルくん

忙しい方でも認知症ケア専門士の資格取得できるオンライン資格講座はこちらです!


スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました