ブラックになりがちな介護職!介護職を希望しているひとにおすすめの転職必勝法!【介護施設を見学して、ミスマッチを減らそう】

おすすめの転職必勝法!【介護施設を見学して、ミスマッチを減らそう】 介護・認知症関連

 「心機一転、自分に合う理想の職場を見つけたい!」。これは、介護職に限らず全てのひとが、思うことではないでしょうか。

 そんな自分も同じく、職場の環境や人間関係で疲弊してしまいました。「完璧」な職場が存在するのだろうか?と思うこともあり、現実的に難しいのかもしれませんが、理想に近い職場はあるはずです。

 それでは、どうしたらその理想に近い職場を見つけることが出来るのでしょうか?

ハルくん
ハルくん

転職・就職する際は、次のような項目を検討することがポイントとなります。

スポンサーリンク

介護関連の転職・就職する際のポイントとは!

給与などの金銭面

 求人情報(求人票)などで、確認することができます。昇給なども確認しておいた方がよいと思います。

ハルくん
ハルくん

○○手当などの手当金もしっかり確認してね!住宅手当・通勤手当・夜勤手当などいろいろあるよ!

休暇取得などの環境面

 求人情報(求人票)などで、確認することが出来ますが、それだけでは不十分だと思います。特に、有給休暇などは、労働者の権利なので、使用できなければならないはずですが、職場によっては取りにくい環境があります(職員数などのマンパワー不足や管理者の雰囲気など)。

ハルくん
ハルくん

現職員の、実際の有給休暇の使用状況を確認しておいた方がよいと思います。

労働内容など

 求人情報(求人票)などで、大まかな労働内容は確認できると思いますが、介護施設の種類によっても異なりますので、この点も要注意だと思います。

ハルくん
ハルくん

しっかり、口頭でも確認して納得してから入職することが大切だよ!

職場の雰囲気・人間関係

 こればかりは、求人情報などでは、全くわかりませんよね!そして、個人的には、ここが一番のポイントではないかとも思います

 全く同じ労働条件でも、自分と相性が合わない人が多かったり、職場自体の雰囲気がギスギスしていたりしていれば、心身ともにストレスがかかってきます。

のんびり太郎
のんびり太郎

トイレが、唯一の息抜きの場になってしまったら、充実した労働はおくれるはずがありませんよね。(体験談)

ハルくん
ハルくん

職場を見学させてもらってから、実際に職場の雰囲気を肌で感じることも大切だね!

理想に近い介護職職場を見つけるポイントは?

 個人的には、数日間、職場体験してみるのが一番ではないかと思います。対応してくれるところと、対応していないところがあると思いますが、基本的には、対応してくれないところは、そもそもあまり環境がよくないと思います。

 介護職の場合、施設を見学できることが多いと思いますので、職場の雰囲気や仕事内容、働いている人の層などを、事前にある程度把握することが可能になるかと思います。

 ここでは、転職活動を成功させるために欠かせない職場体験について、チェックポイントをまとめてみました。

ハルくん
ハルくん

「転職サイト」に登録すると気になる職場の職場体験までセッティングしてくれるのでおすすめだよ!

『転職サイト』に登録して気になる求人施設の職場体験を予約してもらいましょう!

介護職場体験するメリットとは

 介護施設には、特別養護老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、介護老人保健施設など、様々な種類があります。施設によって、労働内容が変わってきますので、労働内容を肌で感じることが出来ます。

施設の雰囲気を肌で感じられる

 求人情報(求人票)や外観からは、施設の雰囲気まで感じとることはできません。職場の雰囲気を肌で感じ、自分に合っているかどうかを判断できるのは、施設見学の大きなメリットです。

勤務状況・環境をチェック

 施設内で働いているスタッフの人数や、スタッフの動きを体験すると、ハードワークになっていないか感じ取れると思います。現スタッフが、職場体験に来ている人に話しかける余裕さえないような感じであれば、要注意です。

 また、スタッフの表情や雰囲気が暗かったり、何か違和感を感じる用であれば、なにか職場内に問題が潜んでいる可能性が高そうです。

 施設を案内してくれる施設長やリーダー的立場の人とスタッフ間の接し方なども気を付けて見ておきましょう。施設長やリーダー的立場の人が、スタッフと親密な感じであれば、働きやすい職場のことが多いと思います。

 職場体験の人がいる前でも、よそよそしさを感じる用であれば、普段はもっとひどい状況だと推測できます。

施設の整理整頓をチェック

 食堂やトイレなど施設の清掃が行き届いていなかったり、整理整頓されていなかったりする施設は、人手不足などが起こっている可能性があります。

 また、施設内に掲示板があれば、貼られているポスターなどが、色あせていたり、破れたままになっているような場合も要注意です。

ハルくん
ハルくん

以上のようなことが、就職・転職する際は、職場体験をしてみることをお勧めする理由だよ。

「転職サイト」を利用するおすすめのポイント!

 ※上記の「転職サイト」には、介護専任のキャリアアドバイザー・キャリアパートナーがいますので、転職希望者の代わりに企業や法人の情報を集め、転職希望者が何を求めているかを把握して、そのニーズに合う職場をご紹介してくれたり、職場体験をセッティングしてくれたりしてくれます。

介護職が転職を繰り返してしまうのはなぜ?我慢が足りない⁉

ハルくん
ハルくん

どうして繰り返し職場を変えたり、転職を繰り返してしまうのかな~?

のんびり太郎
のんびり太郎

どんな業種でも同じだけど、一概に我慢が足りないとかそういう個人的な問題に片付けられてしまうのはどうなんだろう・・。

介護士の仕事が辛い理由の代表例

  • 基本的に漫然と人手不足状態である(休みがない、忙しい):有給が取れるような環境ではない。下手すれば代休さえも取りにくいなど
  • 人間関係が悪い:基本的にひとは余裕がなければ他人に対して厳しい姿勢で臨んでしまう
  • 給料が安い:労働に対する単価が低い。
  • 被介護者、利用者対応のストレス:日本人は過剰サービスに対して慣れすぎている。(※感謝というよりこれくらいのサービスを受けるのは当たり前的な感覚)
ハルくん
ハルくん

特に、まじめで頑張り屋さんのひとが、このような環境の下では心身的に疲弊してしまうんだよね・・。

のんびり太郎
のんびり太郎

そうなんですよね。ある意味いい塩梅で手を抜けなくて、仕事も全部自分でこなそうとして、その上、要領のいいひとの分まで仕事を引き受けてしまうような・・。

ハルくん
ハルくん

人それぞれで、心身ともに体力も違えば、能力も違うんだから自分に合う働き方をみつけるのも一つの考え方だと思うな。

のんびり太郎
のんびり太郎

無理して、働き続けたら心身ともに壊してしまって、元に戻すのも時間やお金も費やしてしまうよね。本末転倒になってしまう悪循環になるかも・・。

フルタイム・残業・夜勤も多い正社員である必要はあるのかな⁉

ハルくん
ハルくん

いわゆる「ブラック企業的な環境」で頑張り続けるよりも、非正規やパート的な環境で心身の健康や自分の時間を確保しながら、余裕のある時間を利用して「資格」などを取得したり、いろいろな勉強をして、自分の資産価値を高めていった方が、最終的には収入も高くなる可能性があると思うよ!

のんびり太郎
のんびり太郎

最初は、非正規やパート的な立場で働き始めて、自分に合っている職場であればその後に正社員を目指すのもひとつの方法かもしれませんね。

ハルくん
ハルくん

そんなときも、転職サイトなら非正規やパート・派遣など自分に合った環境の職場を探すこともできるよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました