薬局で損をしない方法【薬局節約術】

調剤薬局での支払いって安くなるの?【薬局節約術を解説】

病院で処方せんをもらって、隣の調剤薬局に処方せんを出す。内容は自分が決められるわけでもなく、「なるがまま」が一般的な患者さんの行動ですよね。そこで、調剤薬局勤務の現役薬剤師が、医療費によるあなたの生計を少しでも軽くできるようにアドバイスをしてみようと思います!
漢方薬

頭部の皮膚症状におすすめの漢方薬【治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)】

乳幼児や小児の頭部の皮膚症状におすすめの漢方薬が『治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)』です。皮膚症状は、かゆみや分泌物が多いじゅくじゅくした状態に適しています。もちろん、成人にも使用できます。頭部の脂漏性湿疹やアトピーに効果が期待できる漢方薬です。
スポーツ・トレーニング

ゴルフの練習してもなかなか上達しない人・本気のゴルファーにおすすめのYouTubeチャンネル!【ひぐけんゴルフTV】

打ちっぱなしの練習に通いつめたり、ゴルフ雑誌などで様々な知識を付けているのに一向にゴルフが上達しない時ってありませんか?ゴルフスクールなどに通って、しっかりティーチングしてもらうといいことは分かってはいるけど、ちょっと財布の中身と相談すると…。そんなあなたには、無料でレッスンが受けられるYouTubeがあるではないですか!
漢方薬

化膿している皮膚炎におすすめの漢方薬【排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)】

化膿性の皮膚疾患(軽症または初期)におすすめの漢方薬『排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)』です。軽症または初期に使用されることが多いですが、痛みは無くなってきたが排膿が続くようなときに使用してもよいとされています。『排膿散及湯』はニキビにもよく使用される漢方薬ですが、化膿しているような場合に効果的です。
医療・健康情報

風邪をひくと寒気がするのはなぜ?

ウイルスや細菌が体に入って感染が成立すると、からだは、ウイルスや細菌に対して防御反応を示します。ウイルスや細菌は熱に弱いため、からだは視床下部にある体温調節中枢の設定温度(セットポイント)を高くします。そのために、設定温度に比べて実際の体温が低い為に「寒気」として感じるのです。
漢方薬

漢方薬の勉強を始めようと思ったときに!おすすめの本を厳選紹介!

漢方薬の勉強を始めようと思ったときに、独学するにあたって役立ったおすすめの「漢方薬に関する書籍」を紹介してみようと思います。書籍は、いろいろな知恵やヒントを与えてくれますので、スキマ時間などにちょっとでも読んでみると何か変化が起こるかもしれません。
ペット漢方薬

ペット漢方【風邪のような初期症状/震えている・発熱・咳・痰・鼻水】

ペットも人と同じように風邪にかかります。風邪の原因は「ウイルス」がほとんどですので抗生物質は全く効果がありません。そんなときに、漢方薬が大活躍してくれます!最近では動物病院でも漢方薬を処方してくれる獣医師さんが多くなってきています。
漢方薬

下腹部痛・生理痛におすすめの漢方薬【当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)】

下腹部痛をともなう生理痛・産後の腹部症状・過敏性腸症候群・痔核におすすめの漢方薬『当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)』です。そのほか、『尋常性白斑(白なまず)』に対して『当帰建中湯』が効果があったという事例が発表されていました。
医療・健康情報

調剤薬局での薬剤師の質問が「ウザイ」!何度も同じことを…。

調剤薬局で「いつまで待たせるの!」「黙ってさっさと薬出せばいいんだよ!」「さっき病院で話してきたのに・・」などと思ったことはありませんか?今回は、そんな場面を想定してつぶやいてみたいと思います。
漢方薬

風邪におすすめの漢方薬【桂枝湯㊺(けいしとう)】

体質的に虚弱体質の風邪のひき初めにおすすめの漢方薬が『桂枝湯(けいしとう)』です。体力がない、胃腸が弱い、日頃から疲れやすくかぜをひきやすいなどが使用の目安になります。風邪に使用される漢方薬は多岐にわたり、体質・ひき初め・ひき終わりなど経過によっても様々です。
食材・食事

バナナの⾧期摂取でヒト腸内フローラの環境改善効果が確認された⁉

消化促進作用や抗酸化作用、免疫力を高める作用など様々な研究結果が発表されている『バナナ』に注目が。東京大学医学部附属病院の伊藤明子先生らのグループにより「バナナの⾧期摂取で血液中マグネシウム量が増加、腸内フローラにて有用な細菌叢の増加、望ましくない細菌叢が減少」という結果が明らかに
漢方薬

慢性湿疹や慢性扁桃炎におすすめの漢方薬【柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)】

癇の強い(神経質)な若年者の慢性湿疹や慢性扁桃炎におすすめの漢方薬が『柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)』です。小児に使用されることが多いですが、成人に使用しても全く問題はありません。「解毒証体質」といわれる感染症にかかりやすい体質に使用される漢方薬で、明治後期から昭和初期にかけて活躍した「森道伯」がつくった方剤になります。
豆知識・生活情報

インフルエンザ予防接種ワクチンには水銀が含まれているって本当?【チメロサールとは】

実は、インフルエンザワクチンには『エチル水銀チオサリチル酸ナトリウム:チメロサール』が添加されている商品と添加されていない商品があります。
医療・健康情報

『美容院脳卒中症候群』って何⁉ どのような状態なの?

『美容院脳卒中症候群』は、稀な疾患なので世間一般には浸透されていませんが、首を過度に曲げる(屈曲する)ことが原因で起こる脳卒中を指しているようです。首を過度に曲げることにより、椎骨動脈が狭窄、閉塞、血管が裂けてしまうことがまれに起こってしまうのです。
漢方薬

皮膚が化膿しているときにおすすめの漢方薬【十味敗毒湯⑥(じゅうみはいどくとう)】

おできや、化膿を繰り返すにきび、水虫などにおすすめの漢方薬が『十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)』です。患部が「ジュクジュクしていない」ときに使用されることが多い漢方薬です。江戸時代の外科医、「華岡青洲」によって日本で創製された漢方薬です。10種類の生薬で毒素を取り除くということから「十味敗毒湯」と名づけられたようです。
タイトルとURLをコピーしました