漢方薬

関節痛・筋肉痛におすすめの漢方薬【薏苡仁湯(よくいにんとう)】

つらい関節痛・筋肉痛におすすめの漢方薬が『薏苡仁湯(よくいにんとう)』です。関節リウマチなどの慢性の関節痛で軽症の場合に使用されています。
医療・健康情報

”アンチエイジング・美容効果がある” と言われている ”NMNサプリメント” ってなに?

NMNは7種類ある全ての長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)にエネルギーを提供すると考えられており、若返りや抗老化作用が期待できる物質なのです。
漢方薬

関節痛・筋肉痛など痛みがつらい時におすすめの漢方薬【麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)】

関節痛・筋肉痛・神経痛など、つらい痛みで悩んでいる場合におすすめの漢方薬が『麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)』です。その他、いぼ(尋常性疣贅)や手湿疹(進行性指掌角皮症)などにも有効であると言われています。
介護・認知症関連

家族が認知症になったときに手にしてほしい一冊!

認知症には色々なパターンがあります。『ばーちゃんがゴリラになちゃった。』の著者である ”青山ゆずこ” さんは最後に介護とは ”終わりの見えないマラソン” と例えていまいた。頑張りすぎないことも大切のようです!
漢方薬

扁桃炎・上気道炎におすすめの漢方薬【小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)】

扁桃炎や上気道炎・上咽頭炎などにおすすめの漢方薬が『小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)』です。
介護・認知症関連

介護の要!ケアマネージャーとの付き合い方

介護保険の利用には切っても切り離すことができない大きな存在である『ケアマネージャー』ですが、このケアマネージャー(ケアマネ)との付き合い方で悩んでいる人も多いようです。良いケアマネの判断ポイントの一例を紹介します!
漢方薬

関節痛・神経痛におすすめの漢方薬【桂枝加朮附湯⑱(けいしかじゅつぶとう)】

胃腸が弱く、体質的に虚弱傾向のひとで関節痛・神経痛・しびれ感がある場合におすすめの漢方薬が『桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)』です。
雑記

暑さに強い人・寒さに強い人の差とは?

「暑がり」・「寒がり」と「熱中症になりやすい」・「低体温症に陥りやすい」ということは、全く別のものと考えた方がよさそうです。「暑がり」・「寒がり」とは個人の感じ方であり、”実際の体温調節の働き” とは別物なのです。
漢方薬

乾いた咳におすすめの漢方薬【滋陰降火湯(じいんこうかとう)】

気管支炎・慢性閉塞性肺疾患(COPD)など、「コンコン」と乾いた咳におすすめの漢方薬が『滋陰降火湯(じいんこうかとう)』です。間歇的で夜間に悪くなってきたり、コタツや布団などに入ってからだが温まってくると咳き込んでくるような場合に効果があるとされています。
メンタル疾患

うつなどのメンタル疾患・自律神経失調症に効果的な生活習慣とは!

うつなどのメンタル疾患・自律神経失調症には、経験談も含めて、まず起床時にすぐカーテンを開けて太陽の日差しを取り入れ、朝食に「バナナ」などを食べて、15分程度のウォーキングをする生活習慣を身につけていくことがおすすめです。全部、出来なくてもいいので、今の状態で出来るだけやってみる!これがポイントだと思います。
漢方薬

下腹部痛のある婦人科疾患・便秘におすすめの漢方薬【大黄牡丹皮湯㉝(だいおうぼたんぴとう)】

下腹部に痛みがある場合の便秘や婦人科系疾患におすすめの漢方薬が『大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)』です。盲腸などにも使用されていました。
医療・健康情報

薬を使わない便秘対策を紹介します!【体操・ツボ・生活習慣】

つらい便秘ですが、お薬だけでは対処できなかったり、長期間毎日お薬を飲むことに抵抗があることも多いと思います。実際に、刺激性の便秘薬を長期連用すると、お薬に対して耐性ができて、最初のころよりも効果が出にくくなったり、副作用が起きる可能性も否定はできません。そこで、お薬を使わない便秘対策を紹介します。
漢方薬

残尿感などの排尿障害におすすめの漢方薬【清心蓮子飲(せいしんれんしいん)】

慢性的な排尿障害(残尿感・頻尿・排尿痛など)におすすめの漢方薬が『清心蓮子飲(せいしんれんしいん)』です。泌尿器系の症状があって『八味地黄丸』、『牛車腎気丸』などを服用してはみたものの、これらの方剤に含まれる生薬の「地黄」によって胃がもたれるような場合には『清心蓮子飲』がおすすめです。
医療・健康情報

つらい ”めまい” どうにかならないの?おすすめのめまいの対処法!

「めまい」は、立ちくらみのように一瞬くらっとするようなめまいから、天井がグルグル回って立ち上がることさえできないようなめまいまで様々です。 「めまいリハビリ体操」は、小脳の平衡機能(バランス機能)を鍛えることで、ふらつきやめまいが起こらないようにするというものになります。
漢方薬

のぼせやほてり感におすすめの漢方薬【三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)】

のぼせやほてり感におすすめの漢方薬が『三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)です。体の熱や炎症を取り、神経過敏などのイライラを鎮める「瀉剤」(過剰な反応を抑える薬)の代表的な漢方薬です。思い悩んだり、考え込み過ぎるなど悶々として目がさえて眠れないときにもお勧めです。
タイトルとURLをコピーしました