薬膳の勉強を始めようと思ったときに!おすすめの本を厳選紹介!

薬膳の勉強を始めようと思ったときに!おすすめの本を厳選紹介!
のんびり太郎
のんびり太郎

薬膳の世界への一歩を踏み出そう!

勉強を始めるにあたり、おすすめの本を厳選しました。

食と健康が融合した薬膳は、体調の改善や美容へのアプローチとして注目を集めています。

初心者から上級者まで幅広いレベルに対応した、わかりやすい解説や実践的なレシピが満載。

自然の力を活かした食材の組み合わせや調理法を学び、心と体の調和を目指しましょう。

未知の食材や新しいアプローチに興味が湧く方は、この本を手にして新しい食の冒険に挑戦してみてください!

『薬膳の基本』(著:辰巳 洋)【緑書房】

食の大切さと楽しさをお届けする命にやさしい薬膳料理100レシピ&初心者でも手軽に楽しめる薬膳茶20を収録!

著者が学院長を務める本草薬膳学院での実践を通じて、身体にやさしくおいしいメニューを厳選。

中医薬膳学に基づくごはん、主菜、副菜からデザートまでの100メニューを季節に合わせる養生薬膳、体の不調を整える改善薬膳、病気になったときの回復をはかる応用薬膳の3つにわけて紹介。

また、初心者が学ぶのに最適な薬膳茶についても作り方から効能まで詳しく解説!

改訂新版 薬膳素材辞典(著者:辰巳洋/主編)【源草社】

野菜・薬草・魚介類・肉・漢方薬など、薬膳料理に使用されるほぼ全ての食材・薬剤を網羅。

総項目数は440に増加。産地・働き・禁忌・栄養 成分・エピソードなどの詳細情報が満載。

実際に薬膳レシピで使える〈応用例〉が更に充実。

薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖(喩静・植木もも子/監)【西東社】

ロングセラー「薬膳・漢方食べ合わせ手帖」の増補版!

ページ数、食材数を増やして内容充実!

●社刊『薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖』に食材をプラスし、32ページ増。

●見やすさ、分かりやすさ、情報量は変えずに、使いやすさを重視。

●最新の食品成分表に対応。薬膳漢方の考え方、体質チェック、漢方、ハーブ、野菜、果物、肉、魚介、調味料などの食材解説と食べ合わせの紹介。

オールカラー版 基本としくみがよくわかる東洋医学の教科書(著者:平馬直樹、浅川 要)

のんびり太郎
のんびり太郎

薬膳は、中医学の理論の元となっている「陰陽五行」「五臓六腑」「気・血・水(津液)」などの基本的な概念が理解できていると、分かりやすくなります。

中医学の基本が初心者から理解できるこちらの書籍もオススメです!

東洋医学を徹底的にやさしく説明した解説書です。

東洋医学の理論を支える陰陽論・五行論などの中国の自然哲学思想を図解します。

続いて、診察から治療までについて説明し、さらには漢方と鍼灸の基礎知識と治療法を図説しました。

国家試験対策にも使える内容です。「経穴MAP&生薬図鑑」のポスター付き。

実用 中医薬膳学(著者:辰巳洋)【東洋学術出版社】

のんびり太郎
のんびり太郎

「陰陽五行」「五臓六腑」「気・血・水(津液)」などの基本的な概念が理解できている方向けの一冊です!
かなり、内容が濃い書籍ですので、勉強し甲斐があります。

本格的に「薬膳」を学びたい人に役立つ基本テキストです。

年齢・体質・体調・季節・症状などに合わせた食材や中薬の選び方について体系的に学べる構成となっています。

基礎理論をわかりやすく解説するととともに豊富なレシピを紹介し実用的な1冊になっています。

薬膳茶のすべて(著者:辰巳洋)【緑書房】

のんびり太郎
のんびり太郎

写真付きで、素材の分量や作り方が丁寧に解説してあります。

ちょっと凝った内容の薬膳茶をお召し上がりたい時にも参考になるレシピが満載です!

季節、体質、身体の状態に合わせた薬膳茶185種のレシピを掲載!

薬膳茶について学ぶうえで必要となる基礎知識から、実際に薬膳茶を楽しむためのレシピまで幅広く網羅してあります。

季節、体質、具体的な身体の状態にあわせた薬膳茶185種類のレシピを紹介!

病気を予防し、健康維持に役立つ薬膳茶についてわかりやすく解説した類書のない一冊です。

・薬膳茶の理論的根拠となる中医学の基礎知識をわかりやすく解説
・薬膳茶に使う食薬を、効能別、目的別に167種掲載

一語でわかる 中医用語辞典(主編 辰巳洋)【源草社】

のんびり太郎
のんびり太郎

中学は、日常では使われず、聞きなれない専門用語が度々あらわれます。

そんな時に役立つ一冊です。

本格的に、薬膳を学びたい方は手元に置いておきたい一冊です!

来日20年、北京を中心に活躍した中医学の第一人者が、日本の読者に贈る本格的中医学辞典です。

同義語を別掲にせず、一語一語を完全50音順で収録してあります。

全てその場で解決でき、引きやすく、わかりやすいのが特徴です。

治療法・病名・症状、また主要人物・重要書籍など、不可欠の専門用語を網羅してあります。

  • 掲載3,000余語。
  • コンパクトでも本格的。
  • 読めない用語は画数さくいんで検索可能。

コメント

スポンサーリンク

PAWDEA
タイトルとURLをコピーしました