【無花果(むかか・いちじく)】粘膜や肌を潤してくれます!

【無花果(むかか・いちじく)】粘膜や肌を潤してくれます!

「無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来しています。

いちじくは、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。

特に、ビタミンCやカリウム、マグネシウム、鉄などが多く含まれており、健康に良い影響を与えるとされています。

この美味しい果実には、以下のような健康効果が期待されています。

  • 血圧の調整
    いちじくにはカリウムが豊富に含まれており、これは血圧を調整するのに役立ちます。
    適切なカリウム摂取は、高血圧を予防し、心臓の健康をサポートします。

  • 消化の促進
    食物繊維が豊富ないちじくは、消化を促進し便秘の改善に役立つとされています。
    また、胃腸の調子を整える助けにもなります。

  • 免疫力向上
    いちじくにはビタミンCが豊富に含まれており、免疫力の向上に寄与します。
    抵抗力を高めることで、体内の病原体やストレスから守る助けになります。

さらに、いちじくは低カロリーでありながら、甘味があるため、ダイエットや健康的な食生活を心掛ける方にもおすすめの食品です。

いちじくは、新鮮なままで食べるほか、乾燥させたドライフルーツとしても広く利用されています。

その美味しさと栄養価により、古代から愛され続けるいちじくの魅力について、さらに深く探求してみることで、健康と美味しさを兼ね備えた自然の贈り物に感謝することができるでしょう。

無花果(むかか・いちじく)の薬膳データ

  • 体質:気虚・陰虚・気滞・瘀血
  • 五性:平
  • 五味:甘
  • 帰経:肺・脾・胃・大腸

データの項目の見方

のんびり太郎
のんびり太郎

薬膳の観点からの区別とその食材に合う体質が分かります。

五味(ごみ)

薬膳における五味とは、酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味(塩辛い味)の5つの味のことです。

五味はそれぞれに対応する臓腑があり、その臓器に吸収されやすいといわれています。

  • 酸味 – 肝 – 胆
  • 苦味 – 心 – 小腸
  • 甘味 – 脾 – 胃
  • 辛味 – 肺 – 大腸
  • 鹹味かんみ – 腎 – 膀胱

五性(ごせい)

薬膳における五性とは、食材や生薬がもつ体を温めたり冷やしたりする性質のことです。

寒 / 涼 / 平 / 温 / 熱 があり、寒・涼の食材は体を冷やし、温・熱は体を温めます。

平は体を温めたり冷やしたりする性質のどちらもありません。

帰経(きけい)

薬膳における帰経とは、食材や生薬がどの臓腑・経絡に入り効果的に働くかを示した道しるべです。

臓腑や経絡、精神に影響を与えるといわれています。

個々の体質に合う帰経の食材を取り入れることで、体を良い状態に近づけられると考えられています。

体質(体質)

体質は、気滞体質 / 気虚体質 / 瘀血(血瘀)体質 / 血虚体質 / 痰湿体質 / 陰虚体質 / 湿熱体質 / 陽虚体質の8つに分かれ、それぞれの体質によっておすすめの食材や養生法が異なってきます。

その時の体質に合った食材・生薬を摂ることで体を良い状態に近づけられると考えられています。

無花果とおすすめの食べ合わせ食材

無花果は、果実のてっぺんが割れて中身が見えるくらいが食べ頃です。

また、新鮮なままで食べるほか、乾燥させたドライフルーツとしても広く利用されています。

梨(粘膜やお肌の潤いアップ)

梨は薬膳的な観点からも重要な果物であり、伝統的な中医学やアーユルヴェーダなどの古代の医療体系でも利用されてきました。

以下に、梨の薬膳的な特徴と効能をいくつか挙げてみます。

  • 清熱解毒
    梨には体内の熱を冷ます効果があります。
    そのため、発熱や熱性の症状、炎症に対して効果的な果物として知られています。
    特に、暑い季節や発熱性の感染症の際に、梨を摂取することで体温の調節をサポートすることが期待されます。

  • 潤肺止咳
    梨には喉や肺を潤す作用があります。
    特に乾燥した気候や乾燥性の咳を和らげるのに役立ちます。
    また、喉の痛みや炎症を緩和する効果もあります。

  • 緩和便秘
    梨には食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を整える助けとなります。
    便秘の改善に役立つだけでなく、腸内の有害物質を排出するのにも効果的です。

  • 利尿作用
    梨には利尿作用があるため、体内の余分な水分や毒素を排出し、むくみを軽減します。

  • 栄養価
    梨にはビタミンC、カリウム、銅、マグネシウム、そして抗酸化物質であるフラボノイドが豊富に含まれています。
    これらの成分は免疫力をサポートし、健康を維持するのに役立ちます。

薬膳的な観点では、梨は特に夏季や乾燥した季節に適しており、体内のバランスを整え、健康を促進するために利用されています。

無花果を使ったおすすめレシピ

レシピ
ハルくん
ハルくん

おすすめレシピは ”COOKPAD(クックパッド)” から引用しています!

無花果の保存方法

のんびり太郎
のんびり太郎

ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存してください。

日持ちしない果物ですので、早めの消費を!

無花果

コメント

スポンサーリンク

PAWDEA
タイトルとURLをコピーしました