母乳の代わりとなる『液体ミルク』が日本で販売可能に!【『液体ミルク』が災害時には大活躍する理由とは】

母乳の代わりとなる『液体ミルク』が日本で販売可能に!【『液体ミルク』が災害時には大活躍する理由とは】 食材・食事

日本では、母乳の代替食品として認められてきたのは『粉ミルク』のみでした。

『液体ミルク』の製造販売が解禁された背景には、災害時での必要性が叫ばれたためといわれています。

2011年の東日本大震災では、被災した乳児のために多くの粉ミルクが届いたのですが、現地では、粉ミルクを溶かすためのお湯が確保できないことも多く、利用できないことも多かったようです。

そのことが、国の検討会で議論され、2018年8月に「乳等省令」の改正に至ったということになります。

また、健康増進法における特別用途食品に「乳幼児調整乳」という区分も新設され、そのもとに「乳幼児調製粉乳」および「乳幼児調製液状乳」の区分が設定され、母乳代替食品としての流通が認められたようです。

ハルくん
ハルくん

それでは、国内で発売されている乳幼児液体ミルクにはどのようなものがあるの?

のんびり太郎
のんびり太郎

そうだね。国内製造販売として、2製品が流通しているよ!

ハルくん
ハルくん

何か違いはあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

主に、製造方法や容器に違いがあるんだ。

のんびり太郎
のんびり太郎

江崎グリコから発売されている商品に『アイクレオ赤ちゃんミルク』があるんだけど、この商品は、『無菌充填タイプ』といわれ、容器が「紙パック」です。

賞味期限は製造から6か月になります。

この製造方法では、超高温で短時間殺菌した内容物を無菌環境下で充填しているんだよ。

のんびり太郎
のんびり太郎

もう一つが、明治から発売されている『明治ほほえみ らくらくミルク』だね。

この商品は、『レトルトタイプ』といわれ、容器が「スチール缶」です。賞味期限は長くて製造から1年です。

この製造方法では、スチール缶に充填して密封した後に加圧加熱殺菌をするため、確実に殺菌できるため賞味期限が長くなるようです。

ただ、若干風味が変わったり、ミルクの色が変わったりするようなんだけど、品質には問題ないので安心してね!

ハルくん
ハルくん

そうなんだ~!

保存方法も教えて!

のんびり太郎
のんびり太郎

どちらの商品も『常温』で保存ができるんだよ。

これなら災害時の備蓄としても問題ないよね。

乳児用「液体ミルク」のメリットとは

ハルくん
ハルくん

今まで、粉ミルクだけで「液体ミルク」が無かったってことも初めて聞いたけど、「液体ミルク」にはどんなメリットがあるの?

「液体ミルク」は、外出時にそのまま持って行って、調製なしで授乳ができる

日本において広く普及している「粉ミルク」は、粉を量り、お湯で溶かした後に、人肌まで冷ますという手間と時間が必要となってきます。

その反面、「液体ミルク」は、そのまま赤ちゃんに飲ませることができるのでお湯を用意したりすることもなく利便性に優れています。

ママ
ママ

「外出時」に利用することが最も多いですね!

パパ
パパ

父親である自分は、そのまま調製せずに授乳することが出来るので助かっています。

「液体ミルク」は、災害時に大活躍!

災害時に、断水や停電になれば、衛生環境の確保やお湯の用意さえも難しくなってきます。

そんな時に常温でも保存出来て、保存期間も長い「液体ミルク」は、大活躍です。

「アイクレオ赤ちゃんミルク」は、紙パック製で1本125mlと小さくて軽量なため、避難時には、「避難バッグ」に入れて移動することもできます。

また、使用後も飲み終わったパックは潰して小さくすることができるため、避難所でのゴミ処理の面でも優れています。

乳児用「液体ミルク」のデメリットとは

経済的な面では、おおよその目安として液体ミルクの方が、粉ミルクに比べて約3~4倍くらい高くなってしまうようです。

のんびり太郎
のんびり太郎

この差は、毎日使うものと考えると、ちょっと考えてしまう所ですね

「液体ミルク」のこれからの課題とは

2021年現在で、日本で購入できる「液体ミルク」は、『アイクレオ赤ちゃんミルク』『明治ほほえみ らくらくミルク』の二種類だけなので、もっと選択できるといいですね!

『アレルギー対応の液体ミルク』が日本には無い事が一番の課題かもしれません。

粉ミルクには、アレルギーを持つ乳児でも飲める「アレルギー対応の粉ミルク」が日本でも既に発売されていますが、液体ミルクではまだないのです。

まとめ

「液体ミルク」は、外出時や非常時などの備えとして利用して、「粉ミルク」は、日常の使用をメインに利用するといった使い分けで、お互いの良いとこ取りで対応されるのが良さそうですね。

ハルくん
ハルくん

コストパフォーマンスがよい「粉ミルク」と外出時・非常時などに活躍する「液体ミルク」を上手に使い分けることがポイントだね!

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました