【グリーンレーズン】のどの渇きやむくみを抑える!

【グリーンレーズン】のどの渇きやむくみを抑える!
のんびり太郎
のんびり太郎

グリーンレーズンの特徴は、カテキンやポリフェノールなどの栄養素が豊富に含まれていることです。

そのため、抗酸化作用や免疫力の向上などの健康効果が期待されています。

また、カリウムも豊富に含まれています。

カリウムは塩化ナトリウムを体外に排出させる作用があり、高血圧の予防や腎臓の老廃物の排泄を促す作用があります。

グリーンレーズンは、乾燥したぶどうから作られた栄養豊富な食品であり、その効能は多岐にわたります。

まず、天然のビタミンやミネラルが豊富に含まれており、免疫力の向上や健康維持に寄与します。

また、抗酸化物質が豊富に含まれているため、細胞の老化を抑制し、美肌効果も期待できます。

さらに、食物繊維や天然の糖分が含まれており、消化促進やエネルギー補給にも効果があります。

その他、鉄分やカリウムも含まれており、貧血の予防や血圧調整にも寄与します。

総じて、グリーンレーズンは健康促進や美容に貢献する優れた食品と言えます。

葡萄の薬膳データ

  • 体質:血虚・気虚・気滞・痰湿
  • 五性:平
  • 五味:甘・酸
  • 帰経:脾・肺・腎

データの項目の見方

のんびり太郎
のんびり太郎

薬膳の観点からの区別とその食材に合う体質が分かります。

五味(ごみ)

薬膳における五味とは、酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味(塩辛い味)の5つの味のことです。

五味はそれぞれに対応する臓腑があり、その臓器に吸収されやすいといわれています。

  • 酸味 – 肝 – 胆
  • 苦味 – 心 – 小腸
  • 甘味 – 脾 – 胃
  • 辛味 – 肺 – 大腸
  • 鹹味かんみ – 腎 – 膀胱

五性(ごせい)

薬膳における五性とは、食材や生薬がもつ体を温めたり冷やしたりする性質のことです。

寒 / 涼 / 平 / 温 / 熱 があり、寒・涼の食材は体を冷やし、温・熱は体を温めます。

平は体を温めたり冷やしたりする性質のどちらもありません。

帰経(きけい)

薬膳における帰経とは、食材や生薬がどの臓腑・経絡に入り効果的に働くかを示した道しるべです。

臓腑や経絡、精神に影響を与えるといわれています。

個々の体質に合う帰経の食材を取り入れることで、体を良い状態に近づけられると考えられています。

体質(体質)

体質は、気滞体質 / 気虚体質 / 瘀血(血瘀)体質 / 血虚体質 / 痰湿体質 / 陰虚体質 / 湿熱体質 / 陽虚体質の8つに分かれ、それぞれの体質によっておすすめの食材や養生法が異なってきます。

その時の体質に合った食材・生薬を摂ることで体を良い状態に近づけられると考えられています。

葡萄(ぶどう)の栄養成分

葡萄に含まれる「エピカテキン」は、緑茶などに含まれるポリフェノール化合物の一種です。

ポリフェノールは、多くの植物に存在する苦味や色素の成分で、自然界に5,000種類以上あると言われています。

ポリフェノールは抗酸化作用が強いため、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、動脈硬化など生活習慣病の予防に寄与すると考えられています。

のんびり太郎
のんびり太郎

真壁秀文教授(信州大学農学部)、藤井博教授、梅澤公二助教(バイオメディカル研究所)らによって、ブドウや小豆に含まれるエピカテキンオリゴマーにがんの増殖抑制効果が確認されたという発表がありました。

葡萄は塩分の多い食事バランスを改善する成分であるカリウムを豊富に含みます。

他に、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどのミネラルをほどよく含んでいます。

干しぶどうとおすすめの食べ合わせ

なつめ(大棗)

薬膳食材【なつめ】
のんびり太郎
のんびり太郎

干しぶどうとなつめ(大棗)を一緒に煮て、煮汁と一緒に食べることで”気血を補う作用がパワーアップ!

もちろん、煮詰めずにそのまま食してもOKです!

ハルくん
ハルくん

なつめティーもあるよ!

鶏肉

鶏肉
のんびり太郎
のんびり太郎

鶏肉の煮込み料理を作る際に干しぶどうを一緒に加えることで、気血を補う作用がUP

します!

グリーンレーズンを使ったおすすめレシピ

レシピ
ハルくん
ハルくん
ハルくん
ハルくん

おすすめレシピは ”COOKPAD(クックパッド)” から引用しています!

コメント

スポンサーリンク

PAWDEA
タイトルとURLをコピーしました