スポンサーリンク
漢方薬概論

「医療用漢方エキス製剤(=エキス剤)」と「煎じ薬」との違いとは?

漢方薬には、いくつかのタイプ(剤型)がありますが、その中で代表的なものが『煎じ薬』と『エキス剤』です。そのタイプ(剤型)についてどのような違いがあるのか解説していきたいと思います。インターネットでも対応できる「煎じ薬」取り扱い漢方薬局を紹介!
薬剤師・薬学生向け情報

かかりつけ薬剤師の必須条件!研修認定薬剤師の単位が取得できる『eラーニング』紹介!

かかりつけ薬剤師の必須条件!研修認定薬剤師の単位が取得できる『eラーニング』紹介!インターネットで受講できるもの、各薬剤師会が地域で主催する講習会などがありますが、コロナ禍の影響もありインターネットを利用した「eラーニング」での単位取得が脚光を浴びてきました
医療・健康情報

高機能空気清浄機を厳選紹介!新型コロナウイルス対策に!

デルタ株に置き換わり、新型コロナウイルスを含んだ「エアロゾル」による感染が確かなものになってきたようです。このエアロゾルを、日本ではこれまで「マイクロ飛沫」とも表現してきましたが、これを介した感染の実態がさまざまな調査、そして研究から明らかになっています。
疾患別漢方薬

新型コロナワクチン接種後の副反応に効果が期待できる漢方薬とは⁉

現在、日本で接種が行われている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。副反応を回避したい、楽にやり過ごしたい場合は、漢方薬もひとつの選択肢ではないかと思います。
薬剤師・薬学生向け情報

薬剤師おすすめ!立ち仕事で疲れにくいシューズとは⁉厳選TOP3!

調剤薬局薬剤師・病院薬剤師ともに立ち仕事が多く、足が痛くなったり疲れてしまうことが多くないですか?新卒での最初の頃は、最初に感じるつらい壁の一つに挙げられる悩みだと思います。そんなつらい悩みを解決してくれるアイテムが”靴(シューズ)”なんです。
漢方薬一覧

クーラー病・冷え性におすすめの漢方薬【五積散(ごしゃくさん)】

クーラーのかけ過ぎや寒冷など、生活や職場の環境または気象の変化によって、体が冷えて神経痛・関節痛などの痛みが出たり、体の冷え、肩こり、疲労感、便秘、腰痛、手足のむくみ、肌あれ、睡眠不足、生理痛、月経不順、頭痛、めまい、のぼせ、だるさなど自律神経失調症におすすめの漢方薬が『五積散(ごしゃくさん)』です。
薬剤師・薬学生向け情報

薬学部受験生必見!薬学部志望大学を選ぶポイントTOP5!【偏差値/学費/自宅通学VS一人暮らし/総合大学薬学部VS単科薬科大学/薬剤師国家試験合格率】

薬学部受験生必見!薬学部志望大学を選ぶポイントTOP5!偏差値/学費/自宅通学VS一人暮らし/総合大学薬学部VS単科薬科大学/薬剤師国家試験合格率などの選択するべきポイントを深掘り!数字のからくりなどに騙されないようにしてくださいね!
漢方薬一覧

インフルエンザ・かぜにおすすめの漢方薬【麻黄湯㉗(まおうとう)】

急性発熱性疾患(インフルエンザ・かぜ)の「初期」に、おすすめの漢方薬が『麻黄湯(まおうとう)』です。寒気・悪寒戦慄があり、まだ汗が出ていない様なときに使用すると効果的です。オリンピックなどで、時折耳にするようになった「ドーピング問題」ですが、アスリートが風邪の対応に服用した漢方薬が原因となり、ドーピング検査で陽性反応が出たという事例が起きています。
医療・健康情報

赤ちゃんがいる家族におすすめの『非接触体温計』とはどのようなものなの?

新型コロナもあって、毎日の検温は当然のことのようになってしまいましたね。でも、赤ちゃんの検温では、じっとしてくれないので簡単に素早く測れる体温計は必須アイテムですよね。そこで、赤ちゃんがいる家族におすすめの『非接触体温計』を厳選紹介!
漢方薬一覧

慢性閉塞性肺疾患(COPD)におすすめの漢方薬【清肺湯(せいはいとう)】

痰が切れにくく咳が続いているような慢性閉塞性肺疾患(COPD)におすすめの漢方薬が『清肺湯(せいはいとう)』です。COPDの最大の原因は喫煙であり、喫煙者の15~20%がCOPDを発症します。治療によっても元に戻ることはありません。
医療・健康情報

「耐性菌」は何故できてしまうの?【抗生物質・抗菌薬の正しい使用法】

抗生物質をもらうときに、医師や薬剤師から「全部飲み切ってくださいね!」と説明されることが多いと思いますが、それはこのような理由があるのです。ここでは、「耐性菌」について掘り下げて説明してみますね。
漢方薬一覧

動悸・息切れにおすすめの漢方薬【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)】

慢性疲労状態で、動悸・息切れがあるひとにおすすめの漢方薬が『炙甘草湯(しゃかんぞうとう)』です。循環器科で検査したけれど異常は認められないのに、心臓がドキドキしたり、息切れするといった症状が強い人に適しています。精神の安定にも関わる生薬も配合されています。
生活豆知識

薬剤師が日常当たり前のように使っている便利アイテムとは?薬剤師でなくても利用価値あるかも⁉

どんな職業でも、自分たちは便利に当たり前に使っているけど、周りの人たちには知られていないアイテムってありますよね。今回は、薬剤師ならみんなが使っているアイテムで、一般の人にも役立ちそうなアイテムを紹介してみたいと思います。
漢方薬一覧

咳をすると胸が痛くなるひとにおすすめの漢方薬【柴陥湯(さいかんとう)】

咳をすると胸が痛くなるようなときにおすすめの漢方薬が『柴陥湯(さいかんとう)』です。咳をすると胸が痛いような場合は、炎症が強い状態であることが多いため、抗菌剤との併用など西洋医学的治療の補助的な位置となることが多くなります。
医療・健康情報

肌の天敵⁉紫外線対策はできてますか?【UVA(紫外線A波)とUVB​(紫外線B波)の違い】

紫外線を浴びすぎると日焼けやシワ、シミ、白内障、皮膚がんなど健康にさまざまな悪影響を与えますが、一方では、紫外線を浴びるとことによって、体内ではビタミンDが合成されます。ビタミンDは、腸からのカルシウムの吸収を高める作用を持ち、骨や歯を作るのに必要な栄養素なのです。