ペット漢方薬

ペット漢方薬

ペット漢方【お漏らし・尿切れなどの泌尿器編】

ハルくん 犬や猫は、約1年半のうちに、人でいう成人(20歳)に達し、そこからは1年間で約4歳ずつ歳を重ねていくみたいだね。 大型犬・小型犬で若干の差があるけど、人の4倍で時間が進んでいるともいえるね。 のんびり太郎 ...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【循環器編】/早期発見が重要!

ハルくん 散歩をすると、息が切れたり、咳が出るようになったんだけどどうしてなんだろう? のんびり太郎 もしかしたら、心臓が弱っているかもしれないよ。早めに動物病院で診てもらってね! ペットの【循環器編】におすすめの漢方薬 ...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【精神編(興奮・イライラ・不安)】

 神経過敏で少しの物音に反応したり、おびえるようなときや、すごく攻撃的になってしまうワンちゃんには、漢方薬がおすすめです。 ハルくん ちょっとしたことに、すごく過敏になって、興奮したり・怖がったりするようなワンちゃんはどうしたらいい...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【精神編(認知症のようなとき)】

ハルくん 「認知症」になると、同じ場所をグルグル回ったり、吠え続けたり、狭い場所に入り込んで出られなくなったり、様々な症状が出るんだよね。 のんびり太郎 そう!人もペットも同じだよね。 ハルくん 吠え続けたり、夜鳴きが酷か...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【初老期(老化編)】

ハルくん ペットは人の何倍もはやく老化がやってくるので、飼い主さんは注意深く観察してあげてね! ペットの【初老期(老化)】におすすめの漢方薬 ・年齢を感じるようになってきた:すぐに疲れて散歩ですぐに歩くのをやめるなど  ⇒加味帰脾...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【鼻の疾患】

ハルくん 「ズーズー、フガフガ」と、鼻がなっているときは、何か病気になっているのかな? のんびり太郎 犬が鼻づまりを起こす原因としては、大きく分けて下記の5つが考えられるようだね。 アレルギー副鼻腔炎など鼻の病気歯周病の悪化...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【消化器疾患(下痢編)】

 下痢の原因は様々ですが、腸炎を起こしているときなどは、痛みを伴うことも多いです。じっとしていてうずくまっているようなときは痛みが出ているかもしれません。  症状が下痢だけで、ほかの状態はいつもと変わらない場合は、しばらく様子を見て...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【外耳炎】

 耳の入り口に茶色い垢がたくさん付いていたり、耳から嫌なにおいがしてくるときは、「外耳炎」になっているかもしれません。  ※早めに動物病院を受診しましょう!漢方薬も、「外耳炎」に効果がありますよ! ペットの『皮膚疾患』に使える...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【皮膚疾患】

 ペットは痒みがあると足で引っかいたり、口で噛むようなしぐさを見せます。  皮膚の病気は、飼い主さんが見れば、ほとんどがすぐに異変に気付くはずです。ブラッシングしているときに、皮膚の変化を注意深くみてあげてくださいね! ハルく...
ペット漢方薬

おすすめのペット漢方【初老期編】

ハルくん 最近は、人間と同様でペットの寿命も延びていっているようなんだ! のんびり太郎 そうだよね。動物に対する医療も高度になってきてるし、ペットに対する環境もよくなっているよね。 のんびり太郎 年を重ねることはどうするこ...
タイトルとURLをコピーしました