ペット漢方薬

ペット漢方薬

泌尿器系におすすめのペット漢方【お漏らし・尿切れ・おしっこの勢いが弱い】

ペットの【老化による泌尿器系の疾患】におすすめの漢方薬を紹介します。お漏らし・尿切れ・おしっこの勢いが弱いなどの症状が出てきたら、まずは動物病院で原因を見つけてもらってください。老化によるものであれば『八味地黄丸』『牛車腎気丸』がおすすめです。
ペット漢方薬

循環器系におすすめのペット漢方【動悸・息切れ・咳をする】※早期発見が重要!

循環器疾患は、早期発見・早期治療が予後に大きな影響があります。これは、ヒトでも同じですが日ごろから塩分を避ける、肥満にさせないなど気をつければ、少しでも心臓の負担を軽減し、発症のリスクを減らすことができます。漢方薬も症状改善効果が期待できます。
ペット漢方薬

精神系におすすめのペット漢方【興奮・イライラ・不安】

神経過敏で少しの物音に反応したり、おびえるようなときや、すごく攻撃的になってしまうワンちゃんには、鎮静作用がある「柴胡」が含まれた漢方薬がおすすめです。興奮状態のときに、飼い主さんも何とか鎮めようとして大きな声を出して叱ったりすると、余計に興奮して逆効果になることもあります。
ペット漢方薬

認知症のようなときに効果が期待できるおすすめのペット漢方とは!【夜鳴き・グルグル回る・分離不安・吠え続ける】

【精神編(認知症のようなとき)/夜鳴き・グルグル回る・分離不安・吠え続ける】に効果が期待できるおすすめのペット漢方とは!漢方薬の『抑肝散』は、認知症の治療ではよく使用される薬剤のひとつです。とくに「BPSD」といわれる攻撃的行動・徘徊などの行動障害や興奮・妄想などの精神症状の改善が期待できます。
ペット漢方薬

シニア期になって足腰が弱ってきた時におすすめのペット漢方【初老期(老化編)】

シニア期になって足腰が弱ってきた時におすすめのペット漢方【初老期(老化編)】を紹介します。そのほか、ペットの心臓病と疲れやすさの関係・ペットの歯周病と心臓病の関係について深掘り!
ペット漢方薬

鼻の疾患におすすめのペット漢方【鼻づまり・鼻を鳴らす】

鼻の疾患におすすめのペット漢方【鼻づまり・鼻を鳴らす】を紹介!犬の呼吸は1分間に15回〜30回です。呼吸の異常を感じたときは回数だけではなく、鼻と口とお腹の動き、そして呼吸にともなってヒューヒュー、ゼェゼェという音が聞こえないかも観察しましょう。
ペット漢方薬

消化器疾患におすすめのペット漢方【下痢編/軟便・慢性下痢・急性下痢】

消化器疾患におすすめのペット漢方【下痢編/軟便・慢性下痢・急性下痢】を紹介!2日以上症状が続くようであれば動物病院の受診をおすすめします。下痢が続くと脱水が起こる可能性があり、全身状態が悪化する危険があるので注意してください。
ペット漢方薬

外耳炎におすすめのペット漢方【湿った耳垢・乾燥した耳垢・耳垂れ】

耳の入り口に茶色い垢がたくさん付いていたり、耳から嫌なにおいがしてくるときは、「外耳炎」になっているかもしれません。外耳炎におすすめのペット漢方【湿った耳垢・乾燥した耳垢・耳垂れ】を紹介!そのほか、薬剤師がおすすめのイヤークリーナーを紹介します。
ペット漢方薬

皮膚疾患におすすめのペット漢方【皮膚の乾燥・湿疹・痒み・皮膚の炎症】

ペットは痒みがあると足で引っかいたり、口で噛むようなしぐさを見せます。犬の皮膚は、人間に比べて1/3程の薄さしかありません。そのため、皮膚ケアは人間以上に気を配る必要があります。そんな時には、皮膚疾患におすすめペット漢方【皮膚の乾燥・湿疹・痒み・皮膚の炎症】をトライしてみては?
ペット漢方薬

シニア期におすすめのペット漢方【足腰が弱ってきた・おしっこの漏れ・白内障】

シニア期におすすめペット漢方【足腰が弱ってきた・おしっこの漏れ・白内障】を紹介!年を重ねることはどうすることも出来ないけど、元気で長生きできるように漢方薬も使ってみるといいですよ。おすすめのトイレサポート関連商品メーカーを紹介!
タイトルとURLをコピーしました