漢方薬

漢方薬

熱中症・アトピー性皮膚炎におすすめの漢方薬【白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)】

発汗が多く、口が乾くなどの症状が起きる「熱中症」におすすめの漢方薬が『白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)』です。また、皮膚が乾燥して、痒みが強い場合の「アトピー性皮膚炎」に効果が認められています。マスク着用と熱中症発生リスクの相関関係を深掘り
漢方薬

ダイエット・むくみの改善におすすめの漢方薬【防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)】

『コロナ太り』という言葉を聞く機会が多くなりましたが、「ダイエット」におすすめの漢方薬が『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』です。「食事療法・運動療法」と『防風通聖散』を併用すれば、相乗効果によって、ダイエット効果が倍増する可能性が期待できます。
漢方薬

イライラ・焦りや認知症におけるBPSDにおすすめの漢方薬【抑肝散(よくかんさん)】

イライラしたり、焦りが強いひとにおすすめの漢方薬が『抑肝散(よくかんさん)』です。古典では、小児の夜泣き・ひきつけによく効くという記載があります。認知症における行動・心理症状(BPSD)の改善に使用されることが多い漢方薬です。
漢方薬

すごく苦いけど、つらい頭痛・止まらないしゃっくりにおすすめの漢方薬【呉茱萸湯(ごしゅゆとう)】

日頃から、頭痛に悩まされているひとにおすすめの漢方薬が『呉茱萸湯(ごしゅゆとう)』です。西洋薬でよく使用されている鎮痛剤の「ロキソニン・ボルタレン・カロナール」などで胃の調子が悪くなるに人には、一度試してもらいたい漢方薬です。なかなか止まらない「しゃっくり」にも効果的です。
漢方薬

のどの痛み・口内炎などの口腔内の炎症におすすめの漢方薬/漢方のうがい薬【桔梗湯(ききょうとう)】

のどの調子が悪いかなと思ったらすぐにでも使用してもらいたい!そんな漢方薬が『桔梗湯(ききょうとう)』です。味は甘くて子供でも喜んで飲んでくれます。1包(2.5g)を目安として50~100mlのお湯に溶かした後、冷ましてから少しずつ口に含んで『うがいするような感じ』で使用すると効果的です。
漢方薬

つらい更年期障害・月経前症候群(PMS)におすすめの漢方薬【加味逍遥散(かみしょうようさん)】

40歳を過ぎて生理周期が不規則になってきた「更年期障害」に悩まされている女性におすすめな漢方薬が『加味逍遥散(かみしょうようさん)』です。「月経前症候群(PMS)」「月経困難症」などの婦人科系疾患に用いられます。それに加え、「身体表現性障害」「抑うつ状態」など精神神経系疾患や自律神経失調症などにも用いられます。
漢方薬

夏バテで疲れが取れず、食欲もないときにおすすめの漢方薬【清暑益気湯(せいしょえっきとう)】

異常気象と連日のように報道されるようになった昨今ですが、マスク着用の推奨などコロナ禍も相まって夏バテしているひとは多いと思います。こんな時、おすすめの漢方薬が『清暑益気湯(せいしょえっきとう)』です。高温多湿によって起きる様々な身体症状を改善してくれます。暑い夏を元気に乗り切りましょうね!
漢方薬

天候の変化で体調不良を感じたら!気象病・めまいにおすすめの漢方薬【五苓散(ごれいさん)】

気象病・めまいにおすすめの漢方薬が『五苓散(ごれいさん)』です。水分の調節を得意とする漢方薬です。漢方的には『利水(りすい)作用』と言います。水分が足りないときは水分を逃がさないようにし、水分が余っているときは、水分を排出するというとても便利な漢方薬です。
漢方薬

免疫力を高めるおすすめの漢方薬【補中益気湯(ほちゅうえっきとう)でコロナ禍を乗り切ろう】

疲れやすく、季節の変わり目に体調を崩しやすい、1年に何度もかぜをひくなど、「基礎体力が低下」したときにおすすめの漢方薬が『補中益気湯(ほちゅうえっきとう)』です。補中益気湯が免疫を活性化させるメカニズムについて研究が行われエビデンスも蓄積されています。
漢方薬

原因が解らずつらい症状が続いているときこそ漢方薬の出番!【多愁訴・不定愁訴/医師から「気のせい」っていわれた時の救世主】

漢方薬は、原因は特定できなくても『症状・体質』などから治療を始められるので「多愁訴・不定愁訴」などで困っている患者さんにおすすめの治療法です。医師から「気のせい」っていわれた時の救世主になる可能性を秘めています。
タイトルとURLをコピーしました