その症状もしかしたら、お薬が原因かもしれません【ポリファーマシー・副作用】

その症状もしかしたら、お薬が原因かもしれません【ポリファーマシー・副作用】 お薬豆知識・情報

 最近、便秘になった、胃の調子が悪い気がする、頭痛がするようになったなど、お薬を服用している方が体調の変化を感じたらお薬の副作用も疑う必要があります。

 長年、お薬は飲んでいるけど、今までと同じ薬を飲んでいるだけだからという場合でも、副作用が起こる可能性はあります。

 確かに、お薬の副作用は服用初期に起こることが多いのですが、お薬の蓄積や持続的な作用によって、数年後に発現することもあります。

 副作用のほとんどは、早めに気づいてお薬をやめたり、変更したりすれば重大なことになることはほとんどありません。いつもと違う症状がある場合は、早めに医療従事者に相談しましょう。

 最近、『ポリファーマシー』という言葉を耳にする機会が増えてきたかもしれませんが、石原さとみさん主演の薬剤師ドラマアンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋第4話でもストーリーの話題として扱われていました。

ハルくん
ハルくん

たくさんのお薬を飲んでいて、何か調子が悪いと感じることがあったら、お薬が原因かもと考えることも大切なんだね!

のんびり太郎
のんびり太郎

今回は、『ポリファーマシー』について解説してみようと思います!

『ポリファーマシー』とは

 ポリファーマシー」とは、「複数」を意味する「poly」と「調剤(薬局)」を意味する「pharmacy」からなる造語であり、「害のある多剤服用」を意味する言葉です。

 重要なのは「害のある」という部分です。単純に「服用するお薬の数が多い」ということではありません。

 必要とする以上の薬や、不要な薬が処方されていることによって、有害事象のリスク増加や、誤った方法での服薬(服薬過誤)、服薬アドヒアランス低下などの問題に繋がる状態を指しています。

 薬による有害事象(薬物有害事象)は、処方された薬の数に比例するとされ、「薬の数が6種類を超えると発生頻度が大きく増加する」というデータを、日本老年医学会が「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」で発表しました。

 薬の副作用を抑えるために新たな薬を処方し、その新たな薬の副作用を抑えるために、また別の薬を処方……というように、薬物有害事象を新たな薬で対処し続ける「処方カスケード」も、ポリファーマシーを形成する可能性が高いとして問題になっています。

 複数の病院を受診している場合、現在服用している薬をそれぞれの医療従事者に伝えないと、このようなことが起きてしまいます。

 自分の身を守るためにも、必ず現在使用している薬(内服・外用)は全て医療従事者に伝えるようにしてくださいね!

 「かかりつけ薬剤師」に相談するのもひとつの方法ですよ!

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』とは

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 - フジテレビ
アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 - オフィシャルサイト。2020年7月16日スタート。毎週木曜よる10時放送。出演:石原さとみ

 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』では、病院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描いてあります。

 薬剤師を主人公として描く連続ドラマは日本初です。

 “アンサング”とは「褒められない」という意味。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する病院薬剤師たちの、ヒューマンドラマということで、自分も視聴しています。

 確かに『薬剤師あるある』という感じは、きちんと表現されていると思いますので、薬剤師を目指しているひとには参考になるドラマだと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました